ユダヤ五〇〇〇年の知恵 (講談社+α文庫)

  • 講談社
3.58
  • (13)
  • (6)
  • (28)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 235
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560085

作品紹介・あらすじ

聖典『タルムード』、それは5000年もの間、ユダヤ人の受難の生活をささえてきた250万語からなる知恵の宝庫である。邦訳すれば「偉大な研究」。
アインシュタイン、フロイト、カール・マルクスなどの天才をはじめ、すべてのユダヤ人は不和、争い、苦悩、迷いに直面したとき、必ず『タルムード』で解決してきた。本書はユダヤ人の発想を学びとれると同時に、日本人の生活にも新たな角度から生きていく知恵を与えてくれる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タルムードの入門書として読む。
    あらためて感じるのはユダヤ人の特異性。こんな謎解き毎日勉強しているなんて!

  • 新約聖書の元の元はここかも?です。
    日常生活で必要な語録が詰まっています。
    本の初心者や低学年におすすめです。
    速いうちに本に触れる事はとても大切です。
    高校生に初めてこの本に出会い衝撃を覚えました。
    ベスト書物の一つです。
    新約聖書と組み合わせると効果倍増です。

    サンプル語録
    「自分で自分のためにやらなければ、誰があなたのためにやってくれるのか。」

    「あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。」

    こんなのが一杯載ってます。

    是非、若者全員に読んで欲しいです。

  • 34327

  • 【要約】


    【ノート】

  • もっともっと勉強しなくては...

  • 聖典『タルムード』、それは5000年もの間、ユダヤ人の受難の生活をささえてきた250万語からなる知恵の宝庫である。邦訳すれば「偉大な研究」。
    アインシュタイン、フロイト、カール・マルクスなどの天才をはじめ、すべてのユダヤ人は不和、争い、苦悩、迷いに直面したとき、必ず『タルムード』で解決してきた。本書はユダヤ人の発想を学びとれると同時に、日本人の生活にも新たな角度から生きていく知恵を与えてくれる。

  • 中庸と節度を重んじるユダヤ人
    だけど他民族からはうとまれるユダヤ人

  • いい事書いてる。
    でもすぐ忘れちゃう

  • M.ラビ・トケイヤー (著), 加瀬 英明 (翻訳)
    聖典『タルムード』、それは5000年もの間、ユダヤ人の受難の生活をささえてきた250万語からなる知恵の宝庫である。邦訳すれば「偉大な研究」。
    アインシュタイン、フロイト、カール・マルクスなどの天才をはじめ、すべてのユダヤ人は不和、争い、苦悩、迷いに直面したとき、必ず『タルムード』で解決してきた。本書はユダヤ人の発想を学びとれると同時に、日本人の生活にも新たな角度から生きていく知恵を与えてくれる。

  • ユダヤ社会におけるラビの重要性は初めて知った。
    タルムードの判断基準は明確なものが多い。その明確な判断に対しての人々の人間味あふれる反応は興味深い。

全17件中 1 - 10件を表示

M.ラビ・トケイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
ダニエル・ゴール...
ジェイ・エイブラ...
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

ユダヤ五〇〇〇年の知恵 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×