坂本龍馬の魅力学 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (「BOOK」データベースより)
    日本史上、最も国民から親しまれ人気のある坂本龍馬。しかし、彼は小説やTVで伝えられる通りの英雄であったのだろうか。本書は、生涯を孤独に徹しながら、それでいて最後の瞬間まで己を信じ切って行動した、歴史上稀有な人物・坂本龍馬の真実と魅力を追求。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年大阪生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は大学・企業の講師をつとめながら、独自の史観にもとづく著作活動を行っている。主な著書に『渋沢栄一と明治の起業家たちに学ぶ 危機突破力』(日経BP)、『立花宗茂 戦国の「最強」の武将』(中公新書ラクレ)、『コミック版日本の歴史』(ポプラ社)などのほか、テレビ・ラジオ番組の監修・出演も多数。

「2021年 『歴飯ヒストリア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加来耕三の作品

ツイートする
×