チベットの死者の書―経典『バルドゥ・トェ・ドル』 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 講談社
3.27
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何故かチャンスがなくやっと読むことになった本だが
    読みだしてみると思惑が外れていた
    表現の違いだけだと思えば深読みすることで
    意味を広げることも可能だけれども
    やはりワクワクさせてくれることはない

    ~しなければならないとか
    ~べきであるとか
    こうしろああしろと答えに向うアンチョコと
    悪とか善とかの話ばかりの依存的な教えに尽きる

    面白く読めたのは
    バルドゥ・トェ・ドル考
    チベットへの道
    ヨーガ
    タントラ
    空なるもの(クラヤーライト)の愛
    だけである

    ところで何故ヒンズー語とチベット語の中で
    このクリヤーライトだけが英語なのかと
    不思議に思う

  • たまにはこんな本を読んで死という概念の捉え方を考察するのも良いかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

おおえまさのりの作品

ツイートする
×