朝の知的生活術 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 講談社
3.33
  • (3)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカの朝の使い方の紹介的な感じ。ビジネスマンは、Breakfastミーティングなど、人に時間を使ってる。研究者は執筆や実験かな。

  • 自分の時間をもう一度見直すために、朝の活用を薦めている。

    私も、自分の時間、家族との絆を深める時間として、朝を見なおしていきたい。

  • アメリカのビジネスマンは朝から元気。ブレックファーストMTGをやっている。
    朝から元気溌溂を演じることも能力。
    ヒトラーは朝に弱かったらしい。それで戦争に負けたわけではないだろうが、朝に弱いリーダーってのは、頼りない。

  • 「朝の1時間は夜の2時間に匹敵する」なので、早起きをして朝の時間を有効に使ってみてはいかがでしょう、これがこの本の全編に流れる主題である。わかってはいるが上手くは行かない、提案がいろいろ書かれている、早起きが義務になるようだと続かない、楽しめなければだめなんだ。

  • 朝型のライフスタイルを作ることで、自由時間が劇的に増える。
    確かに朝は仕事がはかどるしなー。
    朝に映画みたりもいいかも。
    座禅を組むのもちょっと興味あり。

  • 図書館で借りたので、お貸しできません・・・

  • あまり期待しなかったのが正解。これを読んで寝坊したらまったく意味なし。

全7件中 1 - 7件を表示

現代情報工学研究会の作品

ツイートする
×