マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫)

  • 講談社
3.40
  • (12)
  • (24)
  • (54)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 324
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560993

作品紹介・あらすじ

「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」という孫子のことばは、今日においても真理である。人間の中の功利的なものを見抜き信賞心罰の「法」による支配を説いた韓非子の人間論も真理である。乱世を勝ちぬくためには、深い人間洞察と、一見非情とも思える厳しさが必要なのである。現代にも通じる勝ち残るための二大思想のマンガ化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画であるからかスラスラと読んでいけました。内容的には、孫子と韓非子の概要的なものと感じましたが、一つ一つの言葉のテーマが、目から鱗という感じで楽しめました。
    先ずは、この本を一読してから、孫子や韓非子の本を読めば良いと思います。

  • マンガが下手で、字が小さくて読みづらい。マンガを通じて、孫子・韓非子を学ぼうと思ったが、浅はかであった。

  • とても勉強になった!韓非子すごいわ。

  • 分かりやすくて読みやすいけど、解説みたいなのがあったらさらによかった。

  • 「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」という孫子のことばは、今日においても真理である。人間の中の功利的なものを見抜き信賞必罰の「法」による支配を説いた韓非子(かんびし)の人間論も真理である。乱世を勝ちぬくためには、深い人間洞察と、一見非情とも思える厳しさが必要なのである。現代にも通じる勝ち残るための2大思想のマンガ化。

  • 様々なジャンルで活用している漫画でわかるシリーズ
    孫子の兵法書は、ちょっと期待外れだったかな
    もう少し本質の話があったら良かった

  • マンガだから読みやすい。勉強にもなる!!でも、画風が得意ではないので、☆2つで。

  • 孫子と韓非子ほぼ逆の考え方の思想家をわかりやすくまとめた本

    「人に勝つのは容易だが、己に勝つのは容易ではない」
    うーむ

  • 漫画というより絵本かも。

  • 孫子と韓非子で漫画の構造が違ってる。
    孫子はビジネスマンに読まれてるっていう話だけど、戦のことに言及してる記述が大半な気が。。。
    もちろん我々の日常生活に役立つ部分もありましたよ。

    韓非子の方が一話完結みたいな感じで(原典の構成もそうだからだろうか?)、最後に教訓みたいな形のまとめが入っていて頭に入りやすかったです。
    悩んだときに読むと自分の味方になってくれる気がしてすっきりするかも!

    ひとつだけ心に残った部分を紹介すると、
    「物事には一定の法則があるものだ。そこから推理すればだまされることはない。
    心配ばかりしていても問題の解決にはならない。」
    これからも長い月日をかけてその一定の法則を学んで行きたいと思いました。
    (もちろん法則だけに捉われることなく!)

全25件中 1 - 10件を表示

蔡志忠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
エリヤフ・ゴール...
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×