クッキングパパのレシピ366日 (講談社+α文庫)

  • 講談社
3.61
  • (5)
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062561747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「クッキングパパのレシピ366日」5

    著者 うえやまとち
    出版 講談社

    p97より引用
    “海水は天然のだし汁だ!!それに鉄・イオウ
    ・亜鉛・マグネシウム・ナトリウムなどミネ
    ラルもたっぷり!
    きれいな海に行った時は騙されたと思って
    やってみてくれ!うまいぞ!”

    目次から抜粋引用
    “鰆の西京揚げ
     だしスパ
     ドラゴン・エッグ
     白身魚のブドウ煮
     ペッタンピザ”

     日本の料理漫画の中でも極めて長寿な作品
    の中から、一年分のレシピを厳選して紹介す
    る一冊。
     春は菜の花から冬のカキまで、四季折々の
    食材やその頃の行事で食べられるような料理
    が記されています。

     上記の引用は、海水を使った料理を記した
    項での一節。
    雨水が陸に染み込んで、流れ出て海に集まっ
    ているのですから、海水は地球の出汁そのも
    のといったところでしょうか。川島四郎氏の
    著作で、陸地はダシガラのようなものだとか、
    書かれていたような事を思い出します。
     季節ごとに一年分のレシピがあるので、
    手に入りやすい材料も多いでしょうから、
    一冊あるとメニューに悩んだ時には重宝する
    のではないかと思います。

    ーーーーー

  • レシピだけでは今ひとつでしたな。

  • >メリット
    レシピページだけが載っているので、レシピを見たい時に便利。
    もちろん366種類です。
    季節に合わせてそれぞれ「和食」「洋食・パン」「中華・エスニック」「ごはん」「めん」に分けられて掲載されています。

    >デメリット
    なぜか索引が材料別「のみ」なので、知りたいレシピが非常に探しにくいです。

    便利だけど、料理ファンには使い勝手が悪いかも。

  • クッキングパパ、懐かしい!!小学生の頃、毎週テレビアニメ観てた記憶がある。この本、ちゃんとレシピが載ってるし、アニメの中にも登場してるんだよね、きっと。また、テレビで放送しないかなぁ。

  • 漫画をひっぱりださなくてもコレがあれば網羅
    とっても便利!

  • 春は菜の花チャーハン、夏は激辛トムヤムクン、秋はサンマのゴロゴロめしに、冬はみそラーメン雑炊…季節ごとに和・洋食、中華、めん類などに分かれているから超便利!!本格派から簡単料理・スピード料理までぎっしり満載。学生、ビジネスマン、パーティー大好き人間にも嬉しい厳選クッキング366日。

  • 大変参考になりますよ〜〜!(*^^)//。・:*:・゚'★

  • 我が家では料理は僕の役目。そもそも料理は嫌いではなかったが、毎日作っているうちに、それなりの腕になっているのではないかと密かに自負している。そんな僕が一番参考にした料理本がこれ。一般の料理本では「わかっているもの」として流される部分もキッチリ解説してある点に非常に好感が持てる。

  • ・料理を簡単に作るなら、これ。マンガで読みやすい。<br />
    ・お手軽メニューから本格的なもの、野外料理、郷土料理、お菓子と盛りだくさん。<br />
    ・料理のレシピが1ページで簡単。
    ・なかなかにマンガの内容もおもしろい。<br />
    レシピ集だけ集めた「クッキングパパのレシピ366日」を自分は野外に持っていくよ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1954年2月22日、福岡県福岡市生まれ。84年、「モーニング」のコミックオープン後期で『クッキングパパ』が入賞、すぐに連載開始。たちまち大ヒットに。連載30年以上たった現在も、さらなる面白さと温かい物語を追求する漫画人である。2015年度(第39回)講談社漫画賞特別賞、2015年度福岡市文化賞受賞。

「2020年 『クッキングパパ 地中海風バーベキュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うえやまとちの作品

ツイートする
×