地獄の辞典 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 講談社
3.59
  • (7)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 77
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062562317

作品紹介・あらすじ

怪奇趣味が流行した19世紀の西洋で信じられていた地獄思想や悪魔、幽霊、魔術師など800項目を550の挿絵つきで解説した事典。配列は見出し語の五十音順、巻末に欧文索引が付き、本文中には悪魔学に関する13編のコラムもある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ベッドサイドの本棚に置きたい本。

    西洋の神秘的かつ不吉な代物に関する百科全書。

    さまざまな迷信から脱するために書かれたとか・・・だが、悪魔的なるものを楽しんでいるようにしか見えない。

    ユーモラスで不吉で美しい図版(銅版画っぽい)多数。

    1818年に出版されたらしいが、あまりに面白すぎて、架空の事典かもしれないという疑いを払拭することができない。

  • とってもネタ帳っぽい本
    辞書系の資料は何冊持ってても役にたちますな シミジミ。
    同じ言葉(名詞)を調べても本(著者)によって解釈に多少バラツキがあるからね

    厚みのある文庫版(ISBN:4062562316)なので、ちょっと使いにくいのが難点

  • 純粋に地獄の辞典(笑)
    西洋文化のオカルト趣味の集大成。当時は信じられ、恐れられていたものだけど、現代の日本人ならファンタジーとして楽しめるはず

  • ほぼすべて

全4件中 1 - 4件を表示

床鍋剛彦の作品

地獄の辞典 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×