百万人のお尻学―エロティシズム、ドキドキ比較文化論 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062562621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よく集めたな、と感心。タモリクラブの時の名解説には、これだけのバックグラウンドがあったのですね。納得。

  • 昔っからお尻の造形が好きなのはなんでだろう?当時のタモリ倶楽部の映像が見たい。

  • 山田五郎教授として担当していたタモリ倶楽部の人気コーナーから生まれた一冊。これは文庫版であるが、できれば単行本で手に入れたい逸品。

  • (2003/8/9(土))

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

やまだ・ごろう 1958年、東京都生まれ。評論家。AHS(イギリス古時計協会)、GPHG(ジュネーヴ時計グランプリ)アカデミー会員。東京国立博物館評議員。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学にて、西洋美術史を学ぶ。現在は西洋美術、街づくり、時計、ファッションなど幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
主な著書に『知識ゼロからの西洋絵画史入門』『知識ゼロからの近代絵画入門』(ともに幻冬舎)、『へんな西洋絵画』(講談社)、『闇の西洋絵画史』(創元社)、共著に『ヘンタイ美術館』(ダイヤモンド社)など多数。2021年、YouTubeチャンネル『山田五郎 オトナの教養講座』を開設。





「2021年 『機械式時計大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×