マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (7)
  • (12)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 191
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062562768

作品紹介・あらすじ

よくわかる!おもしろい!聖書の常識がこの1冊でわかる!!
天地創造、アダムとエバ(イブ)、ノアの箱舟……。原典に忠実に旧約聖書の世界を完全に再現。旧約聖書に登場する人々の生き方、考え方までを描く労作!!

「書物の中の書物」といわれる聖書を、原典に忠実に完全にマンガ化。誰でも知っているエピソードはもとより、厳しい砂漠の生活とそこに暮らす人々の生き方、考え方までが描き出される。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これはよくできている。

    創世記、出エジプト紀、ヨシュア紀、サムエル紀、ダビデ・ソロモン王まで一気に読める。一度に読むことで分量が多く断片的にしかよめない旧約聖書の全体像を俯瞰することができる。

  • 【あらすじ】
    よくわかる!おもしろい!聖書の常識がこの1冊でわかる!!
    天地創造、アダムとエバ(イブ)、ノアの箱舟……。原典に忠実に旧約聖書の世界を完全に再現。旧約聖書に登場する人々の生き方、考え方までを描く労作!!

    「書物の中の書物」といわれる聖書を、原典に忠実に完全にマンガ化。誰でも知っているエピソードはもとより、厳しい砂漠の生活とそこに暮らす人々の生き方、考え方までが描き出される。

  • 世界の創生から、アダムとイブ、モーセ、ヤコブ、ソロモンの栄華まで簡潔に描かれる。わかりやすくまとまっていた。だが、なぜ全知全能の存在が自ら生み出した存在にいうことを聞かせられないのか、聞き届けられなくて初めて罰するという形でしか動けないのか、またなぜにイスラエルびとのみが選ばれたのか、常に正しく生きよと言うがなぜに現世の楽しみを戒められねばらならないのか、などなど疑問は尽きない。

  • 人間は、本当に懲りない生き物。
    不満が出てくると責任を転嫁し、罰を受ければそのときはおとなしくなるんだが…の繰り返し。
    今になっても変わらないなー。

  • 古今東西世界一のベストセラーと言えば「聖書」だし
    全世界的なスタンダードだとは知っておりますが
    個人的にはあまり馴染みはなくて
    例えばモーゼが海を渡るときに海水が割れたという
    有名なおはなしでさえも
    「で?なんで海を渡ったん?陸じゃなく?」
    という素朴な疑問を抱いていたのです、ワタシ。

    この本はマンガでさらりと物語を書いてあります。
    ふうん?という感じで読めるかと思います。
    基本の舞台が、砂漠と荒地のワールドですから
    例えば「水を出した」という出来事の重要さなどは
    日本の古代とは全く捉え方が違うわけで
    そういう感覚がイメージしやすく感じました。

    聖書という物語をさらっと俯瞰するには、悪くない。
    さりとて、特別に好きな絵ではなかったし
    そうだったんだ!すごい!みたいな感動まではなかったです。

    聖書を読むときの、予習みたいな感じですかね。

  • 分かりやすくて面白かった

  • 天地創造、アダムとエバ(イブ)、ノアの箱舟……。原典に忠実に旧約聖書の世界を完全に再現。旧約聖書に登場する人々の生き方、考え方までを描く労作!!

    「書物の中の書物」といわれる聖書を、原典に忠実に完全にマンガ化。誰でも知っているエピソードはもとより、厳しい砂漠の生活とそこに暮らす人々の生き方、考え方までが描き出される。

  • 聖書のストーリーをさらりと読めて良い。
    が、内容としてもマンガとしても、ものすごく面白いわけではない。
    内容としては、日本人の価値観や道徳観とは異なる描写・展開が多く、違和感を感じる。
    イスラエルのあたりの宗教的重要性について学べるのは良い。

  • アダムとイブから始まる壮大な物語。
    ひとつの血筋が続いているということなのか。
    サムソンのあたりも漫画にしてほしかった。

  • 旧約の方がおもろいな。

全23件中 1 - 10件を表示

樋口雅一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
フランツ・カフカ
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×