クマのプーさんの「のんびり」タオ (講談社プラスアルファ文庫)

  • 講談社
3.54
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062562799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タオのプーさんの文庫版、レビューはタオのプーさんと同じ

  • 常に「中庸」な自分でありたい。そう思うが、なかなか・・・。
    色々なヒントを与えてくれる一冊。プーが可愛いのも、魅力。

  • 「くまのプーさん」「プー横丁にたった家」を老荘思想風読み解く…と書いてると難しいっぽいですが、そんなことはなくて「プーさんみたいにお気楽に生きていこうよ、ヘイ!」という趣旨のことを童話風にしてみました、みたいな?(笑)
    プーさんの原作好きなんですが、割と楽しめました。

  • 「タオ」というのは老子の教え・・・といえばむずかしいけど、だれでも知ってる「くまのプーさん」のことだよ・・といえばわかりやすい。
    プーさん大好きのわたしとしては、絵本をはじめて読んだときから、何か惹かれるものがあったのは、これだったのか、とこの本を読んで「ポン!」と手
    を叩いた。絵本の中の大好きなフレーズを一つ。「プー、きみ、朝起きたときね、まず第一に、どんなこと考える?]「けさのごはんは、なににしよ?ってことだな」
    と、プーがいいました。「コブタ、きみは、どんなこと?」 「ぼくはね、きょうは、どんなすばらしいことがあるかな、ってことだよ」プーはかんがえぶかげにうな
    ずきました。 「つまり、おんなじことだね」とプーはいいました。       ちゃちゃ

全5件中 1 - 5件を表示

ベンジャミン・ホフの作品

ツイートする
×