血と抗争 山口組三代目 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062562980

作品紹介・あらすじ

日本中を震えあがらせたドン田岡一雄の凄絶な闘争!!山口組を日本最大の広域暴力団に築きあげた三代目・田岡一雄。その非凡なるヤクザの虚実と全国制覇の野望。そして、山口組壊滅作戦を執拗なまでに展開する兵庫県警との激烈な攻防。日本を震撼させた巨大組織の暗部をえぐる決定版!


日本中を震えあがらせたドン田岡一雄の凄絶な闘争!!

山口組を日本最大の広域暴力団に築きあげた三代目・田岡一雄。その非凡なるヤクザの虚実と全国制覇の野望。そして、山口組壊滅作戦を執拗なまでに展開する兵庫県警との激烈な攻防。日本を震撼させた巨大組織の暗部をえぐる決定版、ついに文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本中を震えあがらせたドン田岡一雄の凄絶な闘争!!

    山口組を日本最大の広域暴力団に築きあげた三代目・田岡一雄。その非凡なるヤクザの虚実と全国制覇の野望。そして、山口組壊滅作戦を執拗なまでに展開する兵庫県警との激烈な攻防。日本を震撼させた巨大組織の暗部をえぐる決定版、ついに文庫化!

  • 少なくとも、昔の暴力団に対する最悪なイメージが変化しました。戦後の日本の混乱の中、経済を基盤とする三代目の栄光と没落。暴力団の先には(根っこの部分には)政治家や企業家がいて、そ知らぬ顔をしていたり。国がしっかりしなきゃいけない点を、触らずに置いておいたり。持ちつ持たれつの関係の上、最後にばっさり切り捨てられる。肯定はしないけれど、この国の綺麗事な部分だけで果たして外国からの犯罪に対処できるのか。かなり不安になりました。港湾労働関連の内容も多く、別の面でそちらも気になるテーマです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。ジャーナリスト。1942年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社勤務を経て、フリーに。著書には『暴力団』(新潮新書)、『血と抗争 山口組三代目』『山口組四代目 荒らぶる獅子』『武闘派 三代目山口組若頭』『ドキュメント 五代目山口組』『山口組動乱!! 日本最大の暴力団ドキュメント2008~2015』などの山口組ドキュメントシリーズ、『食肉の帝王』(以上、講談社+α文庫)、『詐欺の帝王』(文春新書)、『パチンコ30兆円の闇』などがある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞を受賞した。

「2021年 『喰うか喰われるか 私の山口組体験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

溝口敦の作品

血と抗争 山口組三代目 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×