YS‐11〈下〉苦難の初飛行と名機の運命 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062563208

作品紹介・あらすじ

昭和30年代末の後進工業国日本において、ほとんど不可能とされていた国産旅客機の開発。官民あげての大プロジェクトは、数々の困難を克服して、ついに悲願の初飛行に成功。しかし、国際民間機ビジネス商戦の荒波が。厳しい運命にさらされた182機のYS‐11と日本版ビッグプロジェクトの終焉までの全てを描く大作。解説は福原義春氏(資生堂会長)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前間さんの本は安定して面白い。

  • YS11、この飛行機、かなり乱暴に一言で言うと国策で始めたけど、儲からなくて赤字出してたちいかなくなった、ということらしい。まあそうなんだけど、関わった人達の並々ならぬ努力により、戦後初めての量産飛行機、それも経験のない民間機という大きなハンディキャップがあるにも関わらず、ビジネスとして以外は成功を収めたと。だから端的に捉えただけで、だから日本のモノ作りはダメだ的な論旨に落とし込んじゃいけないのです。

    当時は解析ソフトもないので、翼を挟んで油圧ポンプに掛けて何回もねじるとかそういう手間をかけているわけで。昔の人はホントすごいですね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

前間 孝則(まえま・たかのり)
ノンフィクション作家。1946年生まれ。石川島播磨重工の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20余年従事。退職後、日本の近現代の産業・技術・文化史の執筆に取り組む。主な著書に『技術者たちの敗戦』『悲劇の発動機「誉」』『戦艦大和誕生』『日本のピアノ100年』(岩野裕一との共著)『満州航空の全貌』(いずれも草思社)、『YS-11』『マン・マシンの昭和伝説』(いずれも講談社)、『弾丸列車』(実業之日本社)、『新幹線を航空機に変えた男たち』『日本の名機をつくったサムライたち』(いずれもさくら舎)、『飛翔への挑戦』『ホンダジェット』(いずれも新潮社)など。

「2020年 『文庫 富嶽 下 幻の超大型米本土爆撃機』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前間孝則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
司馬 遼太郎
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×