いわさきちひろ (講談社+α文庫)

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062563406

作品紹介・あらすじ

天才画家いわさきちひろ。そのやさしいまなざしの子どもの絵からは、うかがいしれない、鮮烈な人生があった。戦中戦後の昭和を生き、画家を目指したひとりの女性の苦闘の姿は、誰をも感動させずにはおかない。共に生きた家族、友人へのインタビューでは、当時のちひろの心情が語られている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たいへん興味深く、一気に読みました。

    ちひろさんの本は、今までほぼ、ご家族か、
    美術関係者のかたが書かれてきましたが、
    この本でははじめて、歴史家として、
    劇作家でもある飯沢匡さんが、
    ちひろさんの生涯を、できるだけ公平な視点で、
    余す所なく書こうと試みられています。

    ちひろさんの「女ごころ」については、
    男性側の視点では…?と思う部分も少々ありましたが、
    黒柳徹子さんのインタビューが全編にわたって
    入ることで、全体的にやわらかく、血の通った
    本に仕上がっていました。

    子どもの頃からあんなに身近だったちひろさんの絵は、
    実際、大人になってから見ると本当に、
    誰にも真似できない偉業です。

    だから、好むと好まざるとに関わらず、
    ちひろさんの人生は、これからも歴史家や
    第三者の目で、描かれていくのだろうなぁ…と。
    ちひろさんは天国で、この思いがけない事態に、
    ちょっと困った顔で笑っているかもしれませんね(笑)

    それから、戦時中、軍部の援助で半年間、
    大陸にわたってお嬢様のように暮らしていたという
    エピソードですが、
    その後のちひろさんの絵の素晴らしさを
    損なうものでは、決してないと思います。

    それは、絵本「戦火の中の子どもたち」を見れば、
    如実にわかることで、
    あれほど心の琴線にふれる絵を書けるのは、
    あふれるほどの愛を持ち、たくさんの涙を
    知っていた人だったからだと思います。

    最後はひとりの女性として、
    母として、体をはって家庭を支え、
    素晴らしい絵をたくさん残していってくれた
    ちひろさんの生涯、
    素晴らしい人生だったと思います。

  • 天才画家いわさきちひろ。そのやさしいまなざしの子どもの絵からは、うかがいしれない、鮮烈な人生があった。
    戦中戦後の昭和を生き、画家を目指したひとりの女性の苦闘の姿は、誰をも感動させずにはおかない。共に生きた家族、友人へのインタビューでは、当時のちひろの心情が語られている。

  • ちひろさんの絵が大好きで、この本を買いました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)
1933年生まれの女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト。他にもユニセフ親善大使、平和運動家、パンダ保護協会名誉会長など様々な立場を兼任する。愛称はトットちゃん。テレビ創成期から活躍を続ける、放送史を代表する芸能人の1人。『徹子の部屋』は、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者としてギネス記録更新中。累計800万部を記録した代表作『窓ぎわのトットちゃん』は、戦後最大のベストセラー。

黒柳徹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×