ウソツキクラブ短信 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 講談社
3.48
  • (4)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062563550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過去に読んだ本。

    カテゴリーに迷った末に「人文系」にしました~。

    児童文学ネタとか結構あったので嬉しかった。

  • 河合先生の本は安く売っているのを見ると買いこんでしまうのだけど、読む機会がないとすぐにたまってしまう。そのためこの本も買ってから読むまでかなり期間が空いたけど、ずっと共著の本なのだと思っていた。この本はどんな本なのだろうか。最初は河合先生による嘘ばっかりのエッセイ集かなあと思いながら読んでいたが、途中「唯野教授」が出てきたのがきっかけで、これは小説だと思って読んでもおかしくないとも気づいた。僕と同郷の柳田邦男さんが解説にこう書いています。「"笑い度"如何が、読者の知的レベルを測る物差しになるかもしれない」。うむー、確かに良く分からないところはあるのだ。でも、分かるところは、河合先生も同じ本を読んでいたんだなあと思えたりして楽しい。河合先生がダジャレを愛していたというのは知っていたのだけど、こういう下らないものも書いていたことを知って、ますます親しみが湧いた。下らないとは言っても、河合さんが書いているんだから何か裏にあるのかもしれないけど。芸能人にしては数学が分かる森毅(笑)、日高さん、雅雄さんとか、京大の先生がいっぱいでてくるんだよなあ…

  • 何がウソでどれがホントかわけわかんなくなってきた。え?心理学者の河合先生がこういう本も書いてるの?と疑問に思って借りた。大真面目にウソの本を書く・・・河合先生はユーモアがある人なんだ〜”あそびごごろ”とか”ユーモアのセンス”というのは生きるうえで大切かもね。

  • 河合隼雄さんがこんなにおちゃめな方だったなんてw知ってたけどwかなりの知識がないと、全部は理解できませんが…そうとう高度なウソツキですよ。彼らは。

  • 日本の臨床心理の第一人者、河合隼雄先生とその無二の親友、大牟田雄三氏が共著で出版した本です。<br><br>
    実は、私もウソツキクラブの会員です。同じ会員の皆様、今年の講演会ならびに懇談会の会場は下関という噂ですよ。

  • 河合隼雄にさらりとだまされる快感。思わずにやりの読後感。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。メーカー勤務を経て、現在フリーランスの翻訳者。

「2020年 『パリジャンが教える ヒゲの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河合隼雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
村上 春樹
遠藤 周作
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ウソツキクラブ短信 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×