母ちひろのぬくもり (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062563970

作品紹介・あらすじ

平和を願い、子どもを愛し、一人の芸術家として生き抜いたいわさきちひろ。若き日の母、アトリエの母、絵のなかの母-息子が語るちひろの絵の思い出。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちひろの絵にはやさしさと愛に満ちた子どもの姿が!!
    平和を願い、子どもを愛し、1人の芸術家として生き抜いたいわさきちひろ。若き日の母、アトリエの母、絵のなかの母──息子が語るちひろの絵の思い出。

    「母いわさきちひろとは3度の出会いがあったと思う。もちろん最初は僕がこの世に生まれ出たときである。母親と子どもとしての出会いだった。2度目は高校生のころ、初めて1人の芸術家として母を認識した時期である。3度目は母が亡くなって3年たった26歳のとき。戦争中疎開していた松本市の家から終戦直後の日記が発見され、その日記のなかでぼくは同い年の母と出会った」──本文より抜粋

  • 女性としての穏やかな美しさ。母としてのやさしさ。芸術家としての厳しさがわかりました。

  • いわさきちひろさんについてのエッセイ。
    文章の合間合間に挟まった絵の優しさに和みます。

  • 11.1.16~11.2.1  レポート用

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ちひろ美術館常任顧問

「2021年 『ちひろ、らいてう、戦没画学生の命を受け継ぐ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本猛の作品

ツイートする
×