怖くて読めない水滸伝―中国の残虐・猛悪の英雄たち (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062564250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2000.4.20 1刷 640
    殺しだしたらやめられない殺人享楽者、無造作に子供の脳天を叩き割る冷酷な殺人者、猛毒で夫を殺す浮気妻、旅人の肉を塩漬けにしてしまう居酒屋……。梁山泊をめぐる108人の英雄・豪傑物語には、動乱期中国の残虐・凄惨・冷酷を象徴する場面が数多く描かれている。中国古代文学研究の第一人者が教える、中国伝奇文学『水滸伝』のもう一つの読み方!

  • タイトルの通り、水滸伝に登場する人物の日本人では分かり辛い性質について書かれたものであります。

    西遊記についてもちらりと触れられていたりしますが。
    水滸伝を読んでいないと、つい誤解してしまうかもしれません。
    というより、読んでいないとさっぱり分からないと思いますが。
    ああ、こういう背景があってのことかと、思いつつ読むのが楽しい一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

実吉達郎の作品

ツイートする
×