償いは済んでいる―忘れられた戦犯と遺族の歴史 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062564557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の中で上坂冬子氏は次のように仰っている。「戦後補償を論ずるなら、敗戦から講和条約締結までのあいだに戦敗国が戦勝国から受けた報復の事実と、いわれたとおりに日本が済ませた償いの事実を見極めてからにすべきです。そして、もし日本が国際社会に向かって不戦決議をするなら、まず何よりも不公平な裁判によって戦争”犯罪人”と位置付けられてきた名もない国民の名誉回復を決議するのが先決だ」この言葉は本書の内容を、そして現在の日本の異常とそこからの脱出を的確に表現していると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

上坂冬子の作品

償いは済んでいる―忘れられた戦犯と遺族の歴史 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×