いちばん強いのは誰だ (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062564564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「いちばん強いのは誰だ」3

    著者 山本小鉄
    出版 講談社

    p53より引用
    “ だけど、モハメッド・アリというスー
    パースターを操作してメシを食っている利権
    屋たちが、そんな危険を冒すはずはなかっ
    た。”

    目次から抜粋引用
    “プロレスと異種格闘技の系譜
     新日本プロレス二十五年の裏格闘史
     観客に見せる技術と見えない技術
     レスラーだけが肌で知る本物の「強さ」
     ストロングスタイルの未来”

     元プロレスラーで解説者である著者による、
    プロレスの裏表について語り尽くす一冊。
     異種格闘技戦についてからプロレスの今後
    についてまで、プロレス黎明期からその世界
    にいた者ならではの視点で書かれています。

     上記の引用は、猪木対アリ戦について書か
    れた項での一節。
    先日お亡くなりになられた、モハメド・アリ
    氏のご冥福をお祈りします。
    拳だけで戦うようなはっきりとした世界でも、
    戦う本人以外にはいろんな人がいるものなの
    ですね。
     著者が新日本プロレスのレスラーだったた
    め、新日本プロレスについての面白い裏話な
    ども沢山記されています。特に、新居を道場
    にしてしまった話での、当時の猪木氏の奥さ
    んの表情は必見です。静かに激怒です。

    ーーーーー

  • 誰がなんといっても、ミスター高橋本より、山本小鉄本の方が面白い。
    これは、プロレスを書いたというより、新日本プロレスを書いたものだ。
    今のこの状況で読んでも、血が熱くなる。

    同じレスラーを書いたもんでも、高橋さんのとは違うんだよね。
    お互い嘘書いてるとも思い辛いのだが、それぞれ情報に差異があったということなのか。
    そういうところもプロレスっぽいと言っちゃいかんのか。

  • 39らいくんに借りた本。結局は猪木最高ってこと⁈

全3件中 1 - 3件を表示

山本小鉄の作品

ツイートする
×