六十二のソネット (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (5)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062565011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何故か物凄く心に残った詩です。
    そして何故か涙が出て来ました。
    涙の理由は未だに分かりません。
    だからこそ心に残ったのかな。

  • 【本書より】世界が私を愛してくれるので
       (むごい仕方でまた時に
        やさしい仕方で)
       私はいつまでも孤りでいられる

       私に始めてひとりのひとが与えられた時にも
       私はただ世界の物音ばかりを聴いていた
       私には単純な悲しみと喜びだけが明らかだ
       私はいつも世界のものだから

       空に樹にひとに
       私は自らを投げかける
       やがて世界の豊かさそのものとなるために

       ……私はひとを呼ぶ
       すると世界がふり向く
       そして私がいなくなる

    (「六十二のソネット」)

  • 私、この詩集がすっごく好きです。

  • 授業で出会って以来、虜。51番目が一番好きだ。

  • 詩人というひとたちは凄いですね……空間とか、時間とか、感情とか、そういう目に見えない概念を目に見える形にできるので。まあ、それをいうならば、ミュージシャンも、画家も、その他諸々の職業がそうなのですが。

    それはさておき、この方は現代詩人の中でもかなりの有名人ですね。教科書などにガンガン引用されてます。この中の何篇かも引用されてるのではないでしょうか。この作品は彼が二十二歳ごろのもののようです。

    本当に素晴らしいです。リアルさと虚構の間を行ったりきたりしている、ある種の浮遊感みたいなものがあり、またある意味それに共感できたりもします。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

ツイートする