グリム残酷童話 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062565073
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

かなり・よういち KANARI Yoichi
順調にいくと令和30年、めでたく満100歳を迎えます。
子供のころの夢は「月よりの使者・月光仮面」になること。
しかし、むかし訪れたカルカッタで、頭に白いターバンを巻き
サングラスをかけて、白い小型バイクにまたがるマスク姿の
たくさんのオヤジたちを目撃した時、夢は儚く消えていきました。
獨協高校、獨協大学外国語学部を経て日本大学大学院独文博士課程
満期退学。尚美音楽短期大学専任講師・いわき明星大学人文学部
日本文学科教授・ポップカルチャー学会会長・獨協大学、
中央大学兼任講師、等歴任。現在はすべて引退し、
大妻女子大学・日本大学非常勤講師。
主な著書に
『おとなのグリム童話 あまり知られていなかった作品を読む』
(彩流社、2017年)、
『まだあるグリムの怖い話 「グリム・ドイツ伝説集」を読む』
(東京堂出版、2012年)、
『エロチックメルヘン3000年』(講談社、2008年)、
『グリム残酷童話』(講談社+α文庫、講談社、2001年)、
『グリム童話のなかのぞっとする話』(大和書房、1999年)、
『グリム童話のなかの愛と試練 メルヘンにひそむヨハネ伝説』
(弥生書房、1998年)、
『ドイツ・メルヘンのひそむ街で』(大和書房、1997年)、
『「赤ずきん」はなぜ愛くるしいか』
(ハヤカワNF文庫、早川書房、1996年)、
『グリム童話のなかの呪われた話』(大和書房、1996年)、
『グリム童話のなかの怖い話』(大和書房、1994年)、
『誰が「ねむり姫」を救ったか』(大和書房、1993年)、
『誰が「白雪姫」を誘惑したか』(大和書房、1991年)、
『誰が「赤ずきん」を解放したか』(大和書房、1989年)、
『あなたのドイツ語 授業のための文法講義ノート』
(佐々木稔との共著、大学書林、1985年)等がある。

「2020年 『遠い記憶 遠い国 ある旅の記録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金成陽一の作品

グリム残酷童話 (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×