ジャズ喫茶「ベイシー」の選択―ぼくとジムランの酒とバラの日々 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (7)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062565295

作品紹介・あらすじ

「音」に取り憑かれた店主が日々、何を考え、寝る間をおしんでどこをいじくり、休みもせず何にいそしんでいるのかがわかる驚愕の一冊。ジャズを知る者は脱帽し、ジャズを知らずとも、その凄さを垣間見て呆気にとられるはず。とにかく「音」一色の人生はハタから見ているに限る

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カウント・ベイシーとジャズへの愛にあふれる一冊です。好きなことを人目も気にせず人並以上に打ち込んでいれば、何とか楽しく生きていける、という人生のようです。

  • 三省堂神保町本店にはエスプレッソブックマシンという機械がございまして、これ、注文した本がその場で10分くらいで出来上がってしまうという恐るべきオンデマンド製本マシンなのでございます。

    導入されたのは、何年か前で、結局、日本では広まっていないようですが、僕はこれから有望な機械だと思うのです。まあ、ちょっと高いのが玉に瑕なのですが。それを見学しに行ったついでに作ってもらったのが本書でございます。

    日本国内初!これが「エスプレッソ・ブック・マシーン」



    絶版本も刷れる


    そんな本書ですが、なんと絶版本でも刷れます。刷れる本は三省堂さんの方で管理されてるようですが、無くなるには惜しい本だけど大量印刷できない本などに適しているかもと思うのです。欲しいけど電子書籍はちょっとなあ…というニーズにマッチしてると思うのです。なんで広まらないかなあ。

    オーディオマニア


    ジャズがほんのり聞きかじる程度に好きなので、気になった本書ですが、読んでみると…アレ?これオーディオ好き向けの本?

    ジャズ好き向けの本かと思ったのですが、読んでみると季刊「ステレオサウンド」の連載を書籍化したものだそうで…思いつきで買うの良くないですね。まあ面白かったから良いのですけどね。

    深すぎるぜ!オーディオの世界


    で、仕方なく読んでみたのですが、これがなかなか面白い!

    オーディオの知識など「え?BOSEってのが良いとこなんでしょ?」くらいに皆無なのですが、いやー読ませる読ませる。本人が楽しんで店をやってるのが分かって読んでるこっちも楽しくなってくるのです。好きこそ物の上手なれってな感じです。

    好きこそ物の上手なれ


    そうそう「好きこそ物の上手なれ」と言えば、著者は好きだ好きだと言って行動しているうちに店まで持つことになるのですが、その上、ジャズ奏者で店名の由来でもあるカウント・ベイシーの知り合いでもあったりするのです!これは凄い!

    「趣味は仕事にすべきではない」なんて言葉がありますが、おかしな事を言うものです。好きなことだからこそやれることがあるでしょうに。まあ「仕事」としてお金を念頭に置くと変わってしまうものがあって、それが嫌な人は多いのでしょうが。僕はその考えには与しません。だって、一日の大半が仕事なんだから楽しい方が、好きな方が良いに決まってるからです。

    おっちゃんの酒飲みトーク


    本書は、そんな好きを仕事にした著者がオーディオやら音楽やらお酒やらにまみれた日記を公開しているようなものです。おっちゃんが居酒屋で語りそうな話です。まあ、こんな話でしたらいくらでも聞きたいのですが 笑

    オーディオ好きにもエッセイ好きにもオススメできる読ませる一冊でした。

  • ぜひ、お店を訪ねてみたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年岩手県生まれ。早稲田大学在学中、「ハイソサエティー・オーケストラ」でバンドマスター、ドラマーとして活躍。TBSラジオ主催の「全国大学対抗バンド合戦」で3年連続全国優勝。1967年にはビッグバンドとして日本初の米国ツアーを敢行した。「チャーリー石黒と東京パンチョス」のドラマーを務めたのち、1970年、郷里の一関に戻り、ジャズ喫茶「ベイシー」を開店、ジャズ・オーディオに独自のスタイルを確立し、同店には幾多のジャズ・ジャイアンツやさまざまなジャンルの人物が世界中から集う。ニックネーム“Swifty"は、親交の深かった故カウント・ベイシーに命名されたものである。2010年2月に日本精機宝石工業株式会社 (JICO)」より菅原正二監修のレコード針「SHURE:VN35MRB」が発売。著書に『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択~ぼくとジムランの酒とバラの日々』(講談社)、『聴く鏡』『聴く鏡II』(ステレオサウンド社)があるほか、新聞、雑誌などへの寄稿多数。2020年9月、ドキュメンタリー映画「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」公開予定。

「2020年 『新版 ぼくとジムランの酒とバラの日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅原正二の作品

ツイートする
×