やさしい気持ちになりたいときは (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062565325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2005.8.14

  • 風邪をひいている訳でもなくどこかが具合が悪い訳でも無いのに妙に体がだるかったり何をする気も起きなくて元気の無い時ふと手にとったこの可愛らしい表紙の本。生成の布で出来た小さなクマさんとウサギさんに悲しい時や自分がちっぽけに思える時、自分に自信が持てない時、そして優しい気持ちになりたい時の方法を教えて貰います。イラストも入って文字だらけではなく読みやすい一冊ですよ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中山 庸子(なかやま ようこ)
エッセイスト・イラストレーター。1953年、群馬県生まれ。女子美術大学、セツ・モードセミナーを卒業。37歳の時、自らの夢をかなえてきた経験を綴った『夢ノート』シリーズを出版。主な著書に『なりたい自分になる100の方法』(幻冬舎)、各年版『書き込み式「新 いいこと日記」』(原書房)、『ありがとうノートのつくり方 その時のために残すメモ帳』(さくら舎)、『もういちど夢をかなえるヒント』(創元社)など。本シリーズ好評既刊に『50歳からのおしゃれのコツ』『50歳からのおしゃれ暮らし』『50歳からのおしゃれ手紙』『50歳からのおしゃれ旅スタイル』『50歳からのすてきなマナー』『50歳からのお楽しみ生活』『60歳からのおしゃれのコツ』(海竜社)がある。

「2021年 『60歳からのお楽しみ生活』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山庸子の作品

やさしい気持ちになりたいときは (講談社プラスアルファ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×