オールカラー完全版 世界遺産(2)ヨーロッパ2 歴史と大自然へのタイムトラベル (講談社+α文庫)

制作 : 講談社 
  • 講談社
3.55
  • (7)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062566254

作品紹介・あらすじ

絢爛!新写真で新編集
豪奢な宮殿、聖堂!西欧美の極致!!

ヴェルサイユ、ルーブル、サンスーシ、ウエストミンスター、アルハンブラ……響きも美しい、憧れの地。
仏、独、英、スペインから北欧まで、輝く歴史の舞台を一堂に!

中世から絶対王政へ。フランス、ドイツ、イギリスで現世に権勢を誇った王たちの宮殿!そして天上への崇高な想いを結実した大聖堂、絶海の孤島の修道院。陽光のスペイン、ポルトガルに残るイスラムとキリスト教の抗争と融合の歴史。
ゴシックからバロック、ロココ……いと高きものへの憧憬と、あふれる造形への情熱。目もくらむようなヨーロッパの遺産!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「オールカラー完全版世界遺産第二巻」5

    編 講談社
    写真 PPS通信社
    監修 水村光男

    p228より引用
    “発見当初、この壁画がいつのじだいのものか
    判別できなかったが、すでに絶滅した氷河時代
    の動物が描かれていたことから、旧石器時代の
    二万年前から一万五〇〇〇年前のものと推定さ
    れた。”

    目次より抜粋引用
    “富の蓄積が築いた建築美
     神への愛と信仰の象徴
     暮らしと文化の入れもの、伝統都市
     自然がうんだ伝説”

     人類の宝である世界遺産を、オールカラーで
    解説する一冊。
     大建築から大自然まで、美しい写真を惜しみ
    なく使って紹介されています。

     上記の引用は、フランス・ラスコーの壁画に
    ついての一節。
    洞窟の中に描かれたおかげで、風雨にさらされ
    ることなく残り続けたのでしょうか。
    自然のものに、自然の材料で描いたものの方
    が、長い時間残り続けるのかもしれませんね。
     こうしてヨーロッパの古い建物を見ている
    と、石造りのものはやはり残り易いのだなと思
    います。
     文庫なので大きさは物足りないかもしれませ
    んが、写真の豊富さは満足感たっぷりです。

    ーーーーー

  • 第1巻に続き、第2巻読了。
    個人的には第1巻のほうが行ってみたい場所が多かったように思うけれど、やはり表紙にもなっているフランスのモン-サン-ミシェルには憧れるし、スペインのアルカサルや、ガウディの建築物は是非とも見てみたい。ジャイアンツ・コーズウェーやストーンヘンジも神秘的。

    第3巻からはアジアということなので、これまた楽しみ。

  • 脳内旅行ガイドブック。
    美しいなぁー。

  • 1巻と合わせてヨーロッパの世界遺産をコンプリートできます。わがままを言うと、もう少し写真が欲しかった…。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

話題の女性を写真集クオリティとボリュームで特集するバズガールマガジン、WHITEgraph。007号のテーマは夢・dream。

「2021年 『WHITE graph 007』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×