エアバスの真実―ボーイングを超えたハイテク操縦 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062566346

作品紹介・あらすじ

航空機事故の原因の多くは、人間と機械の接点にある。人間が操縦の主導権を握ろうとするときに事故は起こりやすく、航空機事故の7割は人間のミスによる。人間よりコンピューターのほうが安全だ-人間のミスを徹底的に排除したエアバスの安全思想の根底には、コンコルドの伝統を受け継いだヨーロッパ的独創性と天才頭脳集団による洞察力があった。アメリカ機を追い抜いたエアバスの設計思想と、それを理解できずにいる日本の航空界の現状に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4062566346 325p 2002・6・20 1刷

  • 今まで操縦するならボーイング!と思っていたけどエアバスもいいな、と思えた一冊。機長視点で書かれている本が多い中、学者視点で書かれた本は新鮮で面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤寛一郎の作品

ツイートする
×