こころ上手に生きる (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.08
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062566643

作品紹介・あらすじ

どうしようもない難事にぶつかったとき、苦しみや悲しみにおそわれたとき、病にみまわれたとき……半世紀以上、内科医として人のいのちに寄りそってきた現役医師のひとこと、ひとことが、胸にひびき、生きる力をわきたたせてくれる。「病んで、悩んで、いまの私がある」という著者の、深い体験に根ざした生きかた案内。※本作品は1991年10月刊行された『病むこと みとること』を、改題、再編集したものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日野原先生は最高です。

  • 年嵩なら解る。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1911年山口県生まれ。1937年京都帝国大学医学部卒業。1941年聖路加国際病院内科医となる。学校法人聖路加国際大学名誉理事長、聖路加国際病院名誉院長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長などを歴任。予防医学の重要性を指摘し、医学・看護教育の充実、ターミナル・ケア(終末期医療)の普及に尽力。2000年には「新老人の会」を結成。1999年文化功労者。2005年文化勲章受章。2010年には国際コルチャック協会名誉功労賞受賞。2017年7月18日逝去。

「2020年 『2021年版『生きかた上手手帳』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日野原重明の作品

ツイートする
×