田中角栄の人を動かすスピーチ術 (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (0)
  • (7)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062566919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和の大政治家として大きな功績を残したものの、ロッキード事件など金脈政治家としても知られ、毀誉褒貶の激しい田中角栄。幅広い人脈を築いた秘訣は、その政治的才能と共に、類稀な人心掌握術だった。人を惹きつけずにはおかないスピーチの数々を例に取り、率直な人柄、ユーモア、人を大事にする態度、ユニークな発想、数字に基づく説得力、緩急自在の展開と、人気のポイントを分析する。

  • 100605 過去の統計、事前調査
    中国兵法書・質問で相手の理解度を
    ・追求してとっさの反応を・秘密を打ち明けて、誠実さ など

  • 20060410

  • 田中角栄氏のスピーチを様々な角度から分析した良書。
    スピーチがうまくなり、人とのコミュニケーションも
    良くなるかも。

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------
    「まぁ、その〜」というだみ声のものまねでしか田中角栄
    は知らないが、長く政財界に影響を与えつづけた説得力
    の一端を垣間見る事ができた。スピーチ事例が豊富で、
    その文章を読むだけでも、広告コピーに活用できそうだ。


    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■角栄節
     1.比喩、わかりやすいたとえ話をふんだんに織り込む
     2.トーンを変えて数字の連射砲をあびせ現実を知らす
     3.心を揺さぶる「情」、「夢」を与え酔わせる
     4.結びをピシッと押さえる

    ■「他人に話を聞かせるのだから、聞く人が知りたがって
     いる事や興味のある事を話してやるのは、当たり前じゃ
     ないか」スピーチには身近なエピソードが不可欠だ

    ■相手を見抜くために、事前に十二分の調書を手に入れ
     ていた。役人本人はもとより、夫人、子供から親類縁者
     の履歴、仲のいい役人、政治家の誰に近いか、考えて
     いる人生のコース、誕生日、結婚記念日を、克明に調
     べていた

    ■難しい話も身近な数字を挙げて説明されると、聞き手
     には有力な説得力になる

    ■「じつは……」「ホントは……」が秘話の秘密

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

政治評論家。1941年、東京都生まれ。早稲田大学第一商学部卒業。的確な政局・選挙情勢分析、独自の指導者論・組織論に定評がある。執筆、講演、テレビ出演など幅広く活動。

「2021年 『田中角栄 上司の心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林吉弥の作品

ツイートする
×