医師としてできること できなかったこと 川の見える病院から (講談社+α文庫)

著者 : 細谷亮太
  • 講談社 (2003年6月20日発売)
3.98
  • (17)
  • (8)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062567473

医師としてできること できなかったこと 川の見える病院から (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『川の見える病院から--がんとたたかう子どもたちと』(1995年、岩崎書店刊)を文庫化にあたって加筆訂正したものです。

    がんの子どもたちの治療を専門とする小児科医である著者が、白血病とたたかう子どもたちの胸をうつエピソードを綴ったものです。涙がとまりませんが、読後感は意外と明るいです。
    それは、プロフェッショナルアティテュード(プロとしての態度)にこだわらず、泣き騒ぎながらも、「痛くなく苦しくなく、できるだけよい期間をたくさん...あげられるように...医療側がしてあげられることは、たくさん残っているのです。」 と、著者があくまで希望を捨てないからです。

    「治療する」 という動詞は treat です。そして 「もてなす」 もおなじ treat です。後半は、そんな著者が、三十年勤続の褒美に得た10日間の休みを、二百人の子を背負って歩き遍路に出た記録です。

  • 「あのとき何もできなかった」「あのときあんなことするんじゃなかった」がボクを悲しみに陥れ、「あのときああしてよかった」が、それを力に変えてくれる。

    『悲しい時に泣けなくなったら人をやめるべき』

    ほとんどが「お家な帰りたい」ボクもそんな家にしていかなくては。帰りたいと思える家。家族の絆。


    タイトルの「できること」は現在形。
    「できなかったこと」は過去形。

  • 治療にあたった子どもたちとのエピソードが書かれています。

  • 短文が連なった小児科医のエッセイ

  • 聖路加国際病院小児科部長のエッセイ。

    生死について考えた。

  • 「私はいつまでがんばればいいの?」
    小児がんの子どもが放った一言。
    小児がん患者と闘う医師の話。
    将来があるはずの子供たちだけに、読んでいてとてもつらい。

  • 涙なしには読めない、聖路加国際病院小児科部長の体験記。
    子どもが病気死んでしまう理由は分からないまま、ただただ悲しい。
    一章読む毎に目頭が熱くなる、でも読んで良かったなと思える一冊。
    細谷先生の奮闘は素晴らしい。

  • なんだかまとまりがない。
    先生がすごくいい先生なのはよくわかるし、子供達のことをよく考えてるのもわかるのだけれど、何を伝えたいのかがわからなかった。

  • 小児ガンの医師のエッセイ。
    医師があたたかく、真正面から子どもたちと向き合っている姿に、とても勇気付けられる。
    子どもが亡くなるたびに、泣いてしまう自分が、プロ失格なのではないかと、神父に問う場面が印象的。
    小さい子から大人まで、これほどまでに苦しむ人が多いガン。
    有効な治療法が一日も早く確立されることを願ってやまない。

  • 母親からのオススメ。

全13件中 1 - 10件を表示

細谷亮太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村上 春樹
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

医師としてできること できなかったこと 川の見える病院から (講談社+α文庫)はこんな本です

ツイートする