脳を知りたい! (講談社プラスアルファ文庫)

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062568470

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■目的
    脳について。(脳科学シリーズ)


    ■本の内容・特徴
    子供の早期教育、うつ病、環境ホルモン、睡眠、視覚、言葉、アルツハイマー病、意識、という8つの領域で、脳がどのように関わっているのかのレポート。
    ノンフィクションライターが専門用語を極力排して、一般向けに出版された本。


    ■感想
    専門知識のない人にも分かりやすく書いてあります。取り上げているテーマも身近な話題で興味を引きます。
    ただ、著者の仕事柄、全体的にどうしても堅苦しい雰囲気であった印象があったのは残念です。というのは、個人的に脳を知るというのはブラックホールを垣間見るような厳かなものではなく、もっと楽しくて興奮するようなものだと思っているからです。この本からはワクワクするような興味、この部分は感じられませんでした。レポート調なので当然と言えば当然なのですけど。私が求めていたものとは少し違いました。なので、満足度は★3つとなりました。
    しかし話題も身近だし、概要は非常に分かりやすいです。合う人には合うと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

野村/進
1956年、東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科中退。78~80年、フィリピン、アテネオ・デ・マニラ大学に留学。帰国後、『フィリピン新人民軍従軍記』で、ノンフィクションライターとしてデビュー。97年、『コリアン世界の旅』で大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞。99年、『アジア新しい物語』でアジア太平洋賞を受賞。現在、拓殖大学国際学部教授もつとめる。主著に『救急精神病棟』『日本領サイパン島の一万日』『千年、働いてきました――老舗大国企業ニッポン』。近著は『千年企業の大逆転』

「2015年 『解放老人 認知症の豊かな体験世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳を知りたい! (講談社プラスアルファ文庫)のその他の作品

野村進の作品

ツイートする