佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50 (プラスα文庫)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (37)
  • (46)
  • (146)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 441
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062568814

作品紹介・あらすじ

テレビ、雑誌、書籍で大人気の美肌師が20万人の読者の切実な悩みに応えた特別書き下ろし!
ちょっとしたアイデアであなたの肌は生まれ変わる!

全国で聞いた肌の悩みベスト10
●毛穴が開いて肌のキメが粗い
●洗顔してもニキビができる
●目の下のクマが消えない
●Tゾーンの脂浮きが止まらない
●朝したメイクが昼までもたない
●顔がいつも火照っている
●肌が乾燥してうるおいがない
●シミがどんどん濃くなる
●顔全体がくすんでいる
●顔の産毛が濃い
ダメかも……なんて、あきらめるには早すぎる!確実に改善できる方法がこの本に詰まっています!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肌のお手入れ。テクニック的なこともあるけれど、
    「心を込めてお手入れする」それが何にも
    劣らず大切なこと。実践したい。

  • 大人問題のひとつ。肌問題。チズさんができている。誰かができているなら、できるのかもしれない。

  • スキンケア本って本によって全く違うこと書いてあって
    何信じたらいいのかわからん(´・ω・`)

    きれいになりたいならまず化粧品を愛すること

  • コットンパック&サランラップ❤️

  • 読みやすいです。
    肌についての基礎知識は勉強をする機会はなかなかないので、軽く気軽に勉強できる感じでよかったです。
    本の書き方も、語り口がやわらかで、そして説得力があると感じました。
    内容も実践しやすいものばかりです。
    化粧品の宣伝文句や、美容部員さんのお話、化粧品のパッケージに書いてある使用方法などでしかスキンケアについて学んだことはなく、
    美容=お金がかかるもの
    と思い込んでいたんですけど、この本を読んで
    そんなことないなと考え直しました。

  • 読んだのは二回目でした。
    美肌の本を読むと、ちゃんとやらなきゃと
    やる気になるので時々読みたいと思います。

  • ネットで古本を購入時、送料無料にするために買った。
    2004年発行の本のせいか、殆ど既に知っている内容だった。
    当時は、新しい情報だったのかも。 コスメなどは、日々進化しているので、 出版年月日が、新しい良書を購入したほうが良いのかな、 と読んでみて思った。  この2点はとてもためになった。→ [トラブル別肌診断]・・・春夏肌 と 秋冬肌 [美肌の基本5原則] 「うなはたけ」 ・うるおい  ・なめらかさ ・はり ・た(だ)んりょく  ・けっしょく     それぞれ不足している場合のケア法。

  • 佐伯先生のスキンケアにおける最大の特徴は、手のひらと指を最大限に活用するだけできれにいなれる、ということ。
    たるみに効くという「V字塗り」を続けていたところ、鼻が高くなりました(個人の感想です)。

  • お恥ずかしながら飽き性なもので、スキンケアは一ヶ月も続きません。感銘を受けるのはとても簡単なのに、受け続けるのは何故こんなにも難しいのか・・・
    さて、一ヶ月で飽きるなら、一ヶ月に一回スキンケアの本読めば良いじゃない!! という訳で佐伯チズさんの本。齋藤薫さんも凄いですが、この方も年齢不詳の美肌女性。
    継続は力なり。見習うべきだなあ。

  • 少し 肌のお手入れを 変えてみた。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

美肌師。生活アドバイザー。1943年生まれ。外資系化粧品会社を定年退職後、エステティックサロン「サロン ドール マ・ボーテ」を開業。その後、自身の美容理念と佐伯式美容技術を継承する後進育成の場、「佐伯式美肌塾 チャモロジースクール」を開校。現在も現役エステティシャンとして多くの女性の悩み相談やお手入れを続けている。執筆、講演、メディアなど多方面で活躍中。2017年度から新たに旅のアンバサダーや地方活性化事業への取り組みを開始。
著書には『今日の私がいちばんキレイ』(幻冬舎)、『キレイの躾』(世界文化社)、『佐伯チズ、美の流儀』『願えば、かなう。』(以上、講談社)など多数。著作は累計500万部を超える。『美肌革命』(講談社)は英語、中国語、フランス語、ロシア語、ポーランド語に翻訳され、海外からも注目を集めている。

「2017年 『まけないで 女は立ち上がるたびキレイになる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯チズの作品

佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50 (プラスα文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする