ここまでわかったイルカとクジラ―実験と観測が明らかにした真の姿 (ブルーバックス)

  • 講談社
3.27
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062571081

作品紹介・あらすじ

十数年以上をかけた、南極海での観測と、水族館での実験が解明した生理と生態を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1996年刊。著者は村上が東海大学海洋学部助教授、笠松が㈶海洋生物環境研究所環境調査G.L。若干古いが、内容はタイトルまま。叙述スタイルは研究者らしく抑え気味、不明を不明と明確にし、安易な憶測を可及的に回避するのは好感。各種毎の群れの意味合い(鯨内でも違い有り)、海豚が他の群ればかりか他の種を助ける意味(本書の帰結とは違うが、シャチに襲われている鯨母子を助ける模様を「ワイルドライフ」で見たような…)は古典的だが魅了するテーマ。海豚に象やチンパンジー並の自他識別力がある点は、並列進化の好例として興味深い。
    クジラ類は有蹄類と共通先祖を持ち、霊長類たるチンパンジーとはかなり違うラインらしい。

  • イルカとクジラの違いは大きさだけだということに驚きました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

村山 司
東海大学海洋学部教授

「2017年 『駿河湾学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ここまでわかったイルカとクジラ―実験と観測が明らかにした真の姿 (ブルーバックス)に関連する談話室の質問

ツイートする