静電気のABC―帯電の謎解きから防ぎ方、応用まで (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062572132

作品紹介・あらすじ

冬の日にドアの取っ手にさわるとビリッとくるのは、取っ手に帯電した静電気のため、それともあなたの体にたまっていた静電気のせい?吊るした衣服がすれたり、ガソリンをホースで流したりすると火事や爆発が起こることもある。どうしたら静電気を防げるの?…静電気には不思議なことがいっぱい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ABC、ではない。理論の説明は教科書を読んでいるのと変わらない、というかむしろ不親切にすら感じる。一般人のどれだけが突然「コロナ放電」と言われて理解できるだろうか。「帯電の謎解きから防ぎ方、応用まで」と表紙にはあるが、謎解きに関しては他の本を読みたい。応用例はいろいろ書いてある。

  • 4062572133   165p 1998・4・20 1刷

  • [ 内容 ]
    冬の日にドアの取っ手にさわるとビリッとくるのは、取っ手に帯電した静電気のため、それともあなたの体にたまっていた静電気のせい?
    吊るした衣服がすれたり、ガソリンをホースで流したりすると火事や爆発が起こることもある。
    どうしたら静電気を防げるの?…静電気には不思議なことがいっぱい。

    [ 目次 ]
    第1章 静電気とは何か、それはナゼ起こるのか?
    第2章 静電気の不思議をさぐる
    第3章 静電気を使う、利用する
    第4章 静電プロセスの世界
    第5章 静電気を起こす、静電気で動かす
    第6章 困った静電気、危ない静電気
    第7章 静電気と安全につきあうには―

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

堤井信力の作品

静電気のABC―帯電の謎解きから防ぎ方、応用まで (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする