「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (3)
  • (12)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574181

作品紹介・あらすじ

アミノ酸は体によい?ワインはアルカリ性だから、体にやさしい?ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 砂糖は適度にとる必要があるが、明らかに有害なお酒やたばこについてはあまり問題にされないこと。
    普段は空気を読めなどと言われるが、宣伝文句は行間を読ませて書かれていないことを勝手に想像させる(勘違いさせる?)手法。

  • 「フードファディズム」を批判するブルーバックスの2冊目。

  • 悪い本ではない。狙いはいいのだがバイアス(認知科学)や行動経済学、はたまた心理学的アプローチを駆使する企業広告や宗教に関する知識が乏しい。
    https://sessendo.blogspot.com/2019/05/blog-post_63.html

  • フードファディズムの続編だか、専門度が高まって難しくなった。とても参考になるが、初めてこのトピックに興味を持った人がついて来られるかは疑問

  • 新書文庫

  • 食べ物神話という最近のテレビ、雑誌の流行には落とし穴があることを示そうとしています。
    砂糖不使用だから安心?というのは、砂糖不使用で安全かという視点がすぐに思いつきます。
    たしかに、誤解だらけの食情報だということは検証によってよくわかりました。
    結論としては、情報に踊らされないでということのようです。
    課題としては、、踊らされている人が、この本を読んで踊らされなくなるかどうか。
    ところで、フードファディズム(food faddism)という用語を使っている理由がわかりませんでした。faddistという単語は流行を追いかける人ということなので、faddismは流行を追いかける人の主義、主張ということでしょうか。

  • [ 内容 ]
    アミノ酸は体によい?
    ワインはアルカリ性だから、体にやさしい?
    ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?
    健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。
    食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける。

    [ 目次 ]
    序章 ウソもホントも混ざる「食の情報」を見極める―フードファディズムの視点から
    第1章 栄養素と食品成分を理解する
    第2章 食品をめぐるウワサあれこれ
    第3章 食品の分類と食事
    第4章 宣伝広告のマジックと表示
    第5章 痩身情報の基礎知識
    終章 ウワサに踊らされないために―そこそこの健康とほどほどの食生活を求めて

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 誤解だらけの食情報を検証する
    アミノ酸は体によい? ワインはアルカリ性だから、体にやさしい? ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける!

  • かなり前に学校の授業でこれの感想文を書かなアカンかった時に
    適当に流して読んでんけど、気になってたから読み直しました。


    食材は健康に対する効果を期待して食べるんじゃなく、
    ちゃんとバランスよく美味しく食べるべきだって内容なんやけど、
    まぁそりゃそうやわな。
    「これを食べたら痩せる!」なんて食材があるわけないね。

    これ読んだら、あるあるとかみのさんとか
    信じようとは思わんくなるかも(笑)。

  • 「フードファディズム」という考え方は大いに納得。
    しかしなんとなく物足りないような・・・

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

群馬大学名誉教授。一九四九年生まれ。日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士課程卒業。東北大学大学院農学研究科食糧化学専攻博士課程修了。農学博士。氾濫する健康関連食情報を「フードファディズム」という視点で読み解くことの必要性、ならびに食生活領域のジェンダー問題解決の重要性を提唱している。著書に、『「食べもの情報」ウソ・ホント』『「食べもの神話」の落とし穴』(いずれも講談社ブルーバックス)など。

「2016年 『「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋久仁子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×