新装版 相対論的宇宙論―ブラックホール・宇宙・超宇宙 (ブルーバックス)

  • 講談社
3.67
  • (4)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574259

作品紹介・あらすじ

すべての力を幾何学化しようとしたアインシュタインの大いなる「非常識」-相対性理論。その相対性理論が予測する、星の終末、ブラックホール、宇宙、超宇宙の我々の常識を遙かに超えた驚異の姿とは…多くの宇宙物理学者を生んだ名著の復活です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【電子ブックへのリンク先】

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000028353

    ※学外からの学認経由での利用方法
    https://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2017/07/gakunin_maruzen_ebook.pdf

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号 408//B59//1425

  • 【配置場所】工大新書B【請求記号】443.9||S【資料ID】91030863

  • 物理学と形而上学の狭間のお話、すてきだ。

  • 古典的名著といえるだろう。
    ブルーノ神父やらスコラ哲学からミックスマスター宇宙まで、宇宙観という統一の尺度でまな板の上にのせ、ケレン味のない料理に仕上げている。単に知っているだけではなく、この著者たちがいかにこの世界を愛しているかが伝わってくる。
    最近、あるSF作家のブログにおける相対論の記述について、著者の一人、松田先生がコメントされているのを拝見した。老いてなお意気盛んである。

  • [ 内容 ]
    すべての力を幾何学化しようとしたアインシュタインの大いなる「非常識」―相対性理論。
    その相対性理論が予測する、星の終末、ブラックホール、宇宙、超宇宙の我々の常識を遙かに超えた驚異の姿とは…多くの宇宙物理学者を生んだ名著の復活です。

    [ 目次 ]
    第1章 強い重力と一般相対論
    第2章 星の終末
    第3章 ブラック・ホールの時空構造
    第4章 宇宙観の「膨張」
    第5章 我々の宇宙の構造
    第6章 我々の宇宙の進化
    第7章 超宇宙―現代宇宙論の基本的諸問題
    第8章 マッハ原理と物理法則の相対化

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ハードな内容でした。

  • 「物理学徒たるもの宇宙論も雑学程度は知っておきたい。」と思って購入した本。自分の知識が未熟ゆえ、読んでもあまり魅かれなかった。

全8件中 1 - 8件を表示

新装版 相対論的宇宙論―ブラックホール・宇宙・超宇宙 (ブルーバックス)のその他の作品

佐藤文隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする