味のなんでも小事典―甘いものはなぜ別腹? (ブルーバックス)

制作 : 日本味と匂学会 
  • 講談社
3.43
  • (2)
  • (6)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2004年の本。
    帯に「プリン+醤油=ウニ」は本当だった!と書いてあったりします。科学書として、個々に書いてある本は専門書だと違う本になるときがある内容も、一冊にまとまっているそして、図解されていることもあるという意味では、人に教える切り口や情報をまとめて持つによいと思った本。

    後から辛くなるのはなぜか?
    など、頭に入れておいて…説明するか?と言われたら、しないと思う。だけど、時間の関係で幅を広げて話をする必要があったり、関心を喚起するのに必要な時は役立つ。こんな話をたくさん頭に入れて…説明したい現象と相手の関心ごとと結びつける機会を増やす。自分の関心で話をしても、誰も栄養の話なんか聞いてくれない…って、いかに関心を持たせるかのための枝葉末節な部分を得るために買った本。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「違う本になるときがある内容」
      「味」で括ったら、色々な部分に分かれるんだ、それは興味深いから、コレは買います!
      「違う本になるときがある内容」
      「味」で括ったら、色々な部分に分かれるんだ、それは興味深いから、コレは買います!
      2014/04/11
  • こんなにあった!「味」にまつわる身近な疑問や謎
    なぜおしるこに塩をひとつまみ入れると甘味が増す? ワサビは辛いのに、なぜ食べても汗が出ない? なぜコーヒーやビールのような苦いものをおいしく感じる? 冷えた味噌汁はなぜまずい? など、毎日の生活の中から出てくる疑問ばかり全84項目をとりあげ、舌と脳で感じる「味」のふしぎをやさしく解き明かす。楽しみながら味のすべてがわかる、味の入門書決定版!

    「日本味と匂学会」なるものの存在を初めて知りましたが、そこに所属する味のプロ達が84個の疑問に答えてくれます。質問ごとに最適の回答者を選んでくれているので、偏った説明にならず、どれもわかりやすく説得力のある解説だと思いました。味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)、味の仲間(辛味、渋味、コク)、口腔感覚、におい、味と年齢、味と体の関係などについて、ここまで研究が進んでいて科学的に説明がつくとは驚きです。これ一冊あれば味のプロになれる・・・と思いますよ。

  • 資料ID :10400300
    所在 : 展示架
    請求記号 :491.377||N71||1439

  • 「味を感じる」という何気ないことが、科学や生物学によって理解できることを初めて知り、科学に本格的に興味をもつきっかけになった。

  • 高校のときに読んだ本を再読。
    授業で習ったものもあって、前より理解しやすくなりました。
    味の記憶の仕組みなど、現在の研究でもまだわかっていないところもあるというのが意外です。

  • 食に関するちょっとしたなぜが、それぞれの分野の専門家が簡単明瞭に解説。鼻をつまむと味がわからなくなるのはなぜ、プリン+醤油=ウニの味は本当か、など。

全6件中 1 - 6件を表示

味のなんでも小事典―甘いものはなぜ別腹? (ブルーバックス)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

味のなんでも小事典―甘いものはなぜ別腹? (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする