「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (24)
  • (57)
  • (125)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 799
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062574433

作品紹介・あらすじ

文章が下手ではみんなに読んでもらえない!

「目的を達成する文章」はどう書くか
日頃、読み書きする文書には必ず、お知らせ、お願い、報告などの「目的」がある。あなたの書いた文章は「目的」を果たしているか? あなたが受け取った文章は、読んで「なるほど」と思えるか?「目的」を正しく伝える18のテクニック。

プレゼンテーションの鉄人が教える 文章を書くための18のテクニック
●思わず読みたくなる
●最後まで読んでもらえる
●読みながらいちいち納得してもらえる
●読み終わったら賛成してもらえる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00019259

  • ●「分かりやすい文章」とは、書き手の意図を読み手に分かりやすく伝え、確実に「目的を達成する文章」。

    ●そのための学術的な話から、具体的なスキルまで、この本で全部学ぶことができる。

    ●仕事であったり、ブログであったりと、普段から「文章を書く」方には非常に参考になる本だ。

  • 『「分かりやすい文章」の技術』
    藤沢晃治

    筆者はプレゼンテーションの第一人者。講談社ブルーバックスの「分りやすい」シリーズで評判となり「世界一受けたい授業」にも出演した。

    実務文書における分かりやすい文章とはどんなものか、わかりやすい文章を書くにはどうしたらいいかが書かれている。

    わかりやすい文章は脳内で行われる処理をあらかじめ書き手が済ませている。
    脳内では、分野の決定、情報の分解と単純化、最終的な意味の決定の順番で理解される。
    よって文章をわかりやすくするには、何の話をしているかを1番初めに書き、1センテンス40文字以内で済ますことがまず重要。

    「人間が物事を理解しようとするときは、まず概念を理解し、その後でないと詳細を理解することができない」
    「過去の記憶との一致が分かるの重要な要素の1つ」
    「全文を必ず読んでくれるという前提で書いてはいけません。(中略)たとえ斜め読みされても書き手の意図が伝わらなければならない」
    「要点を先に書くのは文章のあらゆるレベルに適応できるテクニックです。ここで言うレベルとは文章内にある塊の大きさを意味します。」→本全体、章、節、段落、文章全てにおいて要点を先に書く。

    小並感。
    脳が認識しやすいのはどんな事か分かって面白く読めました。
    『高校生の勉強法』という脳科学の本に、いかに海馬を通過させて短期記憶を長期記憶にするかが書いてありましたが、分かりやすい、というのも何か似ているなあと思いました。


  • 実務で「分かりやすい文章」を書く、18のテクニックを紹介する。メールやレポートなど、文章を書く時には参考にしたいものばかりである。

    第1章 「分かりにくい文章」がいっぱい!
    第2章 「分かりやすい文章」とはどんな文章か
    第3章 趣旨を素早く伝える「構成の技術」
    第4章 読む気にさせる「レイアウトの技術」
    第5章 読み手を同意させる「説得の技術」
    第6章 趣旨をスムーズに伝える「センテンスの技術」
    第7章 文章をなめらかにする「推敲の技術」
    第8章 「分かりやすい文章」のためのチェック・リスト

  • よい技術だが。この本がわかりやすくない。

  • 『「分かりやすい表現」の技術』『「分かりやすい説明」の技術』(ともに講談社ブルーバックス)に続くシリーズ第3弾。本多勝一の『日本語の作文技術』(朝日文庫)などの文章術を参照しながら、より実務的な文章の分かりやすさに焦点を絞ってテクニックを紹介している本です。

    単なるセンテンスやパラグラフの組み立て方にとどまらず、メールの読みやすさといったテーマも考慮に入れながら、見た目の分かりやすさなどの工夫によって「斜め読み耐性」を持たせることの重要性も指摘されており、現代の状況に対応した文章術の本となっているように思います。

  • 主人がレポートを書くために購入した本、伝える力2(池上彰)の中に、藤沢晃治のシリーズは文章を書く上でとても参考になる。と書かれていたので読みました。

    例文がたくさんあってとてもわかりやすい本です。
    大体こういう参考書は「分かりやすい」と言いつつ、お硬い文章で、結局「分かりにくい」参考書ばかりですが、おすすめの一冊です。

    分かりやすい文書を書くための五つの技術を、一章ごとに書いてあります。

    ①構成の技術
     ・まず重要ポイントを書き並べる
     ・要点を先に、詳細はあとに書く
     ・不要な情報を書かない

    ②レイアウトの技術
     ・見やすい文字面にする
     ・情報構造がわかるようにする
     ・「かたまり」を区別する
     ・見出しをつける

    ③説得の技術
     ・正確な理論で書く
     ・読み手の視点で書く
     ・自分の感情は抑えて書く
     ・比喩を使う

    ④センテンスの技術
     ・センテンスを短くする
     ・事前分解しておく
     ・曖昧さをなくす
     ・キーワードを作る

    ⑤推敲の技術
     ・無駄はないか
     ・自然な語感か
     ・丁寧な表現か



    元々国語は好きではなかったですが、高校の時の国語の先生が好きで興味を持って早六年…。
    就活の志望動機ではとても役に立ちました。

    周りは一から考え直し。と先生に追い返されるのが当たり前でしたが、私は赤ペンが入らず、逆に不安でした。

    先生に追い返されるのが嫌だから。と、私に添削を求める人の文章を見て、「なんで?なんで?」「だからなに?」「何が言いたいの?」と何度も言っていたことを思い出しました。

    私の志望動機に、赤ペンがあまり入ることはありませんでしたが、先生に言われて覚えていることは「このように、ってどのようになの?」「具体的に書いてるけど裏付けがない」
    です。

    それ以来、本書内にも書かれていますが「なぜ?どうして?」と常に問いかけています。

    また、重複した日本語が溢れている例もあり、そうそう!と納得しました。
    先日テレビで「排便が出る」と言っていて、旦那とちょっと口論になりました。
    「排便が出るはおかしい。排便に繋がるならわかる」
    「便が出るから排便が出るんだよ」
    「便が出ることを排便って言うでしょ。出るを使いたいなら、便が出る。って言わなきゃおかしい!」

  • 題名も分かりやすいですね。日頃分かりやすい文章を書いていないことを自覚しているもので、つい…。

  • 読むのは2回目。身に付けばと思う。参考文献が記載されているのがいい。

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

世間にあふれる分かりにくい文章を鋭い視点から捉え直したベストセラー『「分かりやすい説明」の技術』をはじめ、シリーズ作品が累計65万部を超え、テレビ番組「世界一受けたい授業」にも出演するコミュニケーション・スキルの研究家。ビジネス系セミナーとして有名な日経セミナーでは、毎年トップクラスの評価を得る人気講師としても活躍中です。
【経歴】慶應義塾大学で管理工学を専攻。卒業後、大手メーカーでエンジニアとして勤務。元々は気が小さい性格だったが、たまたま担当した仕事でプレゼン術に目覚め、やがて、一部の社員から「プレゼンの神様」と呼ばれる。現在は独立し、講演、企業向け研修などを中心に活動。独学で英語を習得し、英検1級、TOEIC900点、通訳ガイド(国家資格)、工業英検1級などの資格も持つ。著書として他にも『日本人が「英語をモノにする」一番確実な勉強法』(三笠書房)など多数。

「2015年 『「説得力」を強くする 必ず相手を納得させる14の作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢晃治の作品

「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする