新装版 相対論のABC―たった二つの原理ですべてがわかる (ブルーバックス)

著者 : 福島肇
  • 講談社 (2007年7月20日発売)
3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062575614

新装版 相対論のABC―たった二つの原理ですべてがわかる (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相対性理論の概論をさらっていく本です.とっても分かりやすいです.中学生でも読めますね〜.ただ,本当に相対性理論について知りたいってヒトには物足りないと思います.アインシュタインについてのエピソードが織り込まれていて読み物として純粋に面白いです.[2007.10.04.]

  • 相対論の本も定期的くらいに読んでるし、基本線は理解してるはずなのだが、それでもどうだっけと忘れてしまうので。
    簡単な本。
    案外と相対論に触れてる部分は多くなくって、アインシュタインの人生とか、核兵器を生み出した社会とか、政治との関係とかが主張されていて、ブルーバックスとは思えないくらいの、著者の主張がにじみ出てる。
    そういやみというほどではないけども。

  • 理論的な式の導出はあまり期待できない。半分くらいはアインシュタイン伝記。楽しく読めた。啓発的な位置ずけの本。

  • 友達が読んでいたもの。相対性理論には興味があるが脳みそがスポンジ過ぎて理解が困難。でも読みたい

  • アインシュタインのたどった人生の軌跡とともに、相対論について基礎から分かりやすく論じている。相対論を理解するために必要な基本原理はたった2つ、相対性原理と光速度不変の原理として、この2つから難解な相対論の基礎を説明している。

全5件中 1 - 5件を表示

新装版 相対論のABC―たった二つの原理ですべてがわかる (ブルーバックス)のその他の作品

福島肇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 相対論のABC―たった二つの原理ですべてがわかる (ブルーバックス)はこんな本です

ツイートする