アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.28
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062575850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アトピー、喘息、花粉症などコモン・ディジーズについて極めて冷徹にまとめた本書。基礎医学的な記載をふんだんに、しかし臨床医学の流れを無視することなく、、、いや、バランスのとれた本ですね。この業界はトンデモ本が多いので、本書のような良心的なアプローチを希求します。本当のことはわかりづらく、断言できないものです。

  • うーん。で、「どうやって治るか」の研究が進むことを切に切に願う。

  • 基本的な知識がまとまっている.
    ただ,関連する主な細胞と分子を16種類がすべて強調(太字)になっているのが,かえってわかりづらいような.

  • 資料ID :10702427
    所在 : 展示架
    請求記号 :493.14||Sa25||1585

  • アレルギー症状の原因や機序について、一般向けにまとめてある。現代人の清潔な生活スタイルとアレルギーの関係についていろいろと説明がされており、今までの考え方(衛生仮説やTh1とTh2のアンバランスなど)以上の観点を持つことができた。

全5件中 1 - 5件を表示

アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)のその他の作品

斎藤博久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
冲方 丁
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする