図解・新世代鉄道の技術―超電導リニアからLRVまで (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576499

作品紹介・あらすじ

鉄道技術の進歩は著しい。時速500km運転を目指すリニアモーターカーが開発される一方で、新幹線・在来線の高速化、省エネ化も日進月歩だ。本書では、超電導リニアから、新幹線、在来線、路面電車、地上設備まで、近年、開発・実用化された注目の新技術を抜粋。豊富な図版で、そのメカニズムをわかりやすく解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • 鉄道マニアの方なら、知っていることばかりかもしれません。
    鉄道マニアでない人が、鉄道に興味を持つために読むとよいかもしれません。

    日本が誇る鉄道に関する技術に触れることができました。
    リニアにトランスラピッド,HSSTなどいろいろあることをしりました。

    また、路面電車の見直しから,概念として
    LR: light rail transit, LRV:light rail vehicle
    が議論となっていることを知りました。
    低床であることを生かし,軽さが売りのようです。

    自転車との都市交通としての併用はなんとなく分かります。
    自動車との共存,自動車との棲み分けが分かっていません。

  • 電車の曲がる仕組みから最新の技術までがまとめられている。
    この本と直接は関係ないが、いつになったら超電導リニアモーターカーに乗れるのか…

  • 都営地下鉄大江戸線は、リニアモーターだった

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

交通技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学大学院工学研究科修了後、メーカー勤務を経て独立。高度化した技術を一般向けに翻訳・紹介している。著書は『東京道路奇景』(草思社)、『東京総合指令室』(交通新聞社)、『図解・燃料電池自動車のメカニズム』『図解・首都高速の科学』『図解・新幹線運行のメカニズム』『図解・地下鉄の科学』(講談社)、『鐡道的科学(中国語版)』(晨星出版)など多数。

「2018年 『日本の鉄道は世界で戦えるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

図解・新世代鉄道の技術―超電導リニアからLRVまで (ブルーバックス)のその他の作品

川辺謙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする