カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)

制作 : 丸山 敬  石崎 泰樹 
  • 講談社
4.21
  • (43)
  • (43)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 965
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576727

作品紹介・あらすじ

MIT(マサチューセッツ工科大学)を始めとするアメリカの各大学で採用される世界基準の生物学の教科書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 引っ越ししたら出てきた本。
    昔勉強しようと思ったことがあったらしい。つらい。
    直訳系なので読みやすいかと言われると読みにくい。
    でもわかりやすい。
    という訳で教科書としては優秀。

    なつかしのさいぼうこっかく。

    ブルーバックスの傑作であります。
    医学書も全部片手で持てるサイズになれば良いのにね。

  • ボリボリ読める

  • これは安くて、絵も綺麗で、すごい。ちくま学芸文庫に触発されたんだろうか。書名の意味は、USAで使われている教科書を(抄)訳したものってこと。MITでは(学部に関わらず)全学生がこれで生物学を学ぶそうだ。僕は、理工書でも、物語性みたいのがないと頭に入ってこないようだ。物理だと、何が知りたくてどういうことを考えるみたいのが必ずあって、物語っぽさは自ずと出てくる。数学だったら論理の流れが物語的だし、歴史とかなら対象がまさに物語。さて生物の場合、単なる知識の羅列になってしまいがちのように思える。それでなかなか頭に入ってこない。なんとかわかりやすくしようと、カラーの綺麗な図表をいれてみたりするわけだけど、やっぱり物語性の不足感が拭えない。ここまで書いて、そのあとにこの本がこの難点を克服している、という流れなら、物語としてはきれいだけど、残念ながらそういう感じはしないかな。まだほとんど読んでないけど、やっぱり知識の羅列っぽい感じがする。でも、価格と図のきれいさは特筆すべき。これからのブルーバックスに期待。

  • 「刑務所なう。2」

  • 1365円購入2010-06-04

  • 内容は高校生物にちょいと盛ったくらい。「あー、習った習った。ミトコン(高校の生物教師の渾名)が言っとったー」。だけど、カラーイラストの色遣いや抽象化方法と、電子顕微鏡写真が満載なのが大きく異なる。アメリカの大学は一般教養で生物必修だそう。さすが、ポピュラーサイエンスが盛んなお国柄。

  • 面白いです。具体例もわかりやすい。
    生化の予習になるかなって思って読んでます。
    実際予習になるかどうかは分かんないけど(笑)

  • 原題:Life. 8th ed. (Sinauer Associates, c2008)
    ※2-4章の翻訳
    著者:David E. Sadava ほか
    監修:石崎泰樹、丸山敬監
    翻訳:浅井将、吉河歩


    【簡易目次】
    監訳者まえがき(2010年2月) [005-008]
    目次 [009-011]


    第1章 細胞:生命の機能単位 013
    細胞はどのような性質を持つために生命の基本単位となっているのだろうか? 
    原核細胞の特徴は何か? 
    真核生物の特徴は何か? 
    細胞外構造の特徴は何か? 
    真核生物はどのように発生したのだろうか? 

    第2章 ダイナミックな細胞膜 083
    生体膜の構造はどうなっているか? 
    細胞膜はどのように細胞接着・細胞認識に関わっているのだろうか? 
    ほか

    第3章 エネルギー、酵素、代謝 141
    生物学的なエネルギー変換の基礎となる物理法則はどのようなものだろうか?
    生化学のエネルギー学におけるATPの役割は何か?
    ほか

    第4章 化学エネルギーを獲得する経路 197
    どのようにしてグルコースの酸化から化学エネルギーが放出されるのだろうか?
    グルコース代謝の好気的経路
    ほか

    第5章 光合成:日光からのエネルギー 255
    光合成とは何か? 
    どのようにして光合成は光エネルギーを化学エネルギーに変換するのだろうか? 
    ほか

    略歴 [309-310]
    さくいん [311-318]

  • 大学教養レベルの生物学教科書はいくつもあるが、本シリーズは白眉である。第1巻は細胞生物学という括りになっているが、第1巻から3巻まで通読して細胞のことが分かる構成になっていると思う。
    1週間かけ、行き帰りの車内で生物学の復習のために2回ほど通読した。

  • 大学で一通り細胞生物学を学んだはず…であるが忘れている箇所が結構あった(汗)
    思い出す意味でも新たに知識を増やす意味でも読んでみてよかった。各章冒頭に有るコラムが非常に興味深く、私の趣味であるマラソンに関する話題はとても興味深かった。
    ただ、全く生物学に触れたことのない読者はいきなりこの本を読み解くのはきついのかもしれない。高校生物レベルの簡単な読み物から初めて見るのもよいかと。

全48件中 1 - 10件を表示

デイヴィッド・サダヴァの作品

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)に関連する談話室の質問

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする