住宅建築なんでも小事典―木造戸建から、RC造共同住宅まで (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576796

作品紹介・あらすじ

住宅の基礎、床、窓、壁、天井、屋根などには、さまざまな工夫がこらされており、その構造は複雑です。本書では、木造戸建とRC造共同住宅を中心に、その仕組みを豊富な図版で解説していきます。新しい住宅評価の仕組みとして広まりつつある「住宅性能表示」の読み方のポイントも、やさしく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 527-O
    閲覧新書

  • 木造戸建とRC造共同住宅を中心に、住宅の基礎、床、窓、壁、天井、屋根などの仕組みを豊富な図版で解説。「住宅性能表示」の読み方も解説。

  • RC造共同住宅と住宅設備について詳しく書いています。

    はじめ、RCって何の略だかわかりませんでした。

    Cはコンクリートらしい気がしたのですが、自信はありませんでした。

    ネットで調べたら、Reinforced-Concrete(補強コンクリート)の略とのことでした。
    鉄筋コンクリートなどもRCの仲間らしいことがわかりました。

    小事典なのだから、略号のフルスペルを掲載するのは基本で、
    詳しく説明を書いてもらえるとうれしかったと思いました。

    業界人だけが読むわけではないので、、、

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

KPMG FAS 執行役員 パートナー
早稲田大学政治経済学部卒。 オーバーチュア(現ヤフー)、米グーグル(Sales Strategy and Planning/戦略企画担当)を経て現職。2016年9月、電通デジタル 客員エグゼクティブコンサルタントに就任。2018年1月、電通総研カウンセル兼フェロー、アタラ合同会社フェローに就任。

「2018年 『カスタマー・エクスペリエンス戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野隆司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×