ジムに通う前に読む本―スポーツ科学からみたトレーニング (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (3)
  • (20)
  • (57)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 407
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062576956

作品紹介・あらすじ

筋力増強には「大きな筋肉から先に鍛える」手法、脂肪燃焼には「筋トレ→有酸素的運動」が効果的、など最新の運動・スポーツ科学に裏付けられた方法を用いて、ジム通いを、より質の高いものにするための一冊。ストレッチング、筋力トレーニング、ウォーキング、ランニング、エアロビクス、水中トレーニング、ピラティス、ヨガなど、ジムで行われるさまざまな運動について、その理論と効果を解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうやら僕が第一にすべきことは、頭を鍛える必要があるということだ

  • ジムに行く前の予備知識としては程よい。マシン、フリー、ヨガ、ピラティス、エアロビ、水泳まんべんなく。

  • 今のところジムに通うつもりはありませんが、体のことが知りたくて読みました。運動がなぜ健康にいいのかよくわかる本で、具体的な実践方法も書かれていて参考になります。

  • ジムに通う前なので購入。
    ジムを過度にもちあげたり否定したりして耳目を集めるタイプのうさんくさい健康本ではなく、
    まっとうに『運動の方法』を提示してくれる良識本。

    ストレッチ、ウォーキング、ランニング、水中トレーニングからマシントレーニングまで。
    いざ始めるとなったとき、どこから何をどのようにすればよいかを優しく丁寧に記す。
    運動の解説はきっちり図解つきでわかりやすいし、根拠も明確だが、
    種々の運動全部と初級者から上級者までを対象としているため、
    人によっては不要な箇所も結構でてきてしまうのは、構造上しょうがないと言えるかもしれない。

    ジムでトレーナーに懇切丁寧に教えてもらえる各種制度を使う人には必要ないが、
    それ以外の人にとっては損ではないと思える一冊。

  • 拾い読み。気になったところをメモメモ。

  • 広い世代向け。筋肉痛のデータとか面白いものもあった。また実践して、読んでみて新しい発見もあると思う。

  • タイトル通りジムに通う前に読んだ。筋トレの効果とか筋肥大のメカニズムとかジム選びのポイントとかさっと書いてあった。自分が知りたかったのは、「で、ジムに行って何すればいいの?」ってところまでだったのでそこの部分に関しては物足りなかった。

  • 最新の運動・スポーツ科学に裏付けられた方法を用いて、ジム通いを、より質の高いものにする。ジムでの運動の理論と効果をやさしく解説する。

  • ■内容のまとめ
    筋トレする前に行うべきことは何か。
    その全てがこの本に詰まっている様に思う。
    フリーウェイトからジム訓練まで。
    網羅している幅は広い。

    ■この本からおさえておくべきTips
    1.筋トレは近場でやろう。
    2.ストレッチちゃんとやろう。
    3.食後の運動はお腹壊しやすいし、身体に負担がかかるので注意。

    ■読後感
    筋トレをするなら再読必須であろう。

  • トレーニングに関する基礎知識が広く浅く紹介されており、題名通り、初心者向けの本。通説(?)に忠実なため安心して読めるが、裏を返せばオリジナリティが弱いとも言える。

    スポーツドリンクは水で薄めて飲め、とよく言われるけれども、その理由についても触れてあったりして、いくつかの点で参考になった。

全41件中 1 - 10件を表示

桜井静香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大前 研一
デールカーネギ...
村上 春樹
小山 龍介
小池 龍之介
村上 春樹
J・モーティマー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ジムに通う前に読む本―スポーツ科学からみたトレーニング (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×