基準値のからくり (ブルーバックス)

  • 講談社
4.00
  • (18)
  • (16)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 200
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062578684

作品紹介・あらすじ

基準値を見れば「日本」が見える!

賞味期限、食品の化学物質、放射線量、PM2.5、水質、血圧から電車内の携帯電話まで、

私たちはさまざまな基準値に囲まれて、超えた/超えないと一喜一憂して暮らしています。

しかし、それらの数字の根拠を探ってみると、じつに不思議な決まり方をしているものが多いのです。

たとえば、お酒はなぜ「20歳から」なのか、知っていますか? 

基準値とは、その「からくり」を知らなければ、無用の不安や油断を生むだけの数字になってしまうのです。

本書では「基準値オタク」を自称する俊英研究者4人が、基準値誕生に潜む数々のミステリーに斬り込みます!

「基準値の謎」の例

●各メーカーで違うはずの食品の賞味期限、なぜどれも「横並び」になるのか?

●ひじきやコメにも多量に含まれる発がん性物質のヒ素にはなぜ基準値がないのか?

●第一原発事故後のヨウ素131の暫定規制値は、半減期による「濃度の減少」を前提としていた!

●決まるまで10年がかり! PM2・5基準値設定会議の意外な結末とは?

●同じ農薬、同じ残留量なのに、なぜ「リンゴは安全」で「キクラゲは危険」なのか?

●「避難と除染」の安全すぎる基準値と運用、これでは「福島に帰るな」と言っているようなもの!

●「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」という電車内アナウンスの奇妙さ!

●高速バスの夜間走行距離、基準値に「自信がある」ドライバーはわずか4割未満! 

これらの謎の答えを知れば、「そんな決め方でいいの?」と何度も驚き、絶句することでしょう。一喜一憂する前に、ぜひご一読ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上道夫・永井孝志・小野恭子・岸本充生『基準値のからくり――安全はこうして数字になった』(講談社ブルーバックス、2014年)は、さまざまな分野の基準値が定められた根拠や背景を1つ1つ追う中でRegulatory Scienceを説明した書籍である。

    たとえば飲酒が20歳からと法律で定められているのは、成年年齢が20歳であることが根拠(1947年参議院会議録)になっている。成年を20歳とする根拠は太政官布告(1876年)に遡り、21歳から25歳を成年とする欧米諸国の国民と比較して日本人は「精神的に成熟している」「平均寿命が短い」からだという(p.4)。この根拠、今でも通用するだろうか?

    安全に関する現代的な基準値は受容可能なリスクの大きさによって定められるが、昔からそうだったわけではない。化学物質に関する「古典的」基準値として、環境基準型(無毒性換算型)と残留農薬型が挙げられている(p.130)。2007年に中国産キクラゲの残留農薬が基準値の2倍である0.02mg/kgであることがわかり、廃棄処分された。しかしイチゴやリンゴなどの残留農薬基準は5mg/kgである。キクラゲはイチゴやリンゴのような試験を行っていないので、安全係数をかけて一律で0.01mg/kgという厳しい基準値が適用されているのだ。

    発がん性物質に関する受容可能なリスクの大きさは、10万分の1とされる。
    飲料用水道水を例にとると、分析技術の向上によって発がん性物質が次々に見つかり、ゼロリスクの仮定は置けなくなった。そこでWHO飲料水質ガイドラインにならって生涯発がん確率が「10万人に1人」となる基準値を1993年に定めたものの、リスクレベルについては時期尚早という理由で国民には公開されなかった。その後の大気環境基準値(1996年)で、初めてリスクレベルが明示されている(p.71)。

    もちろん、受容可能なリスクの大きさは場合によって異なる。ICRPの1990年勧告に基づく職業被曝の線量限度20mSv/年では、英国学士院での次のような議論がなされている。年間死亡リスクは、①危険な状況(プロのスタントなど)では3~6/1000。②1歳~20歳男性の平均は1/10000未満。③危険な職業(鉱工業、建設など)では1~3/10000。④製造業では0.3/10000。以上から、年間死亡リスク1/100は許容できないが、1/1000は個人が認識していれば受容可能とし、65歳までの累積の年間死亡リスクが1/1000に収まる値として20mSv/年が設定されている(pp.189-191)。福島第一原発事故では、この数字を根拠に避難勧告がなされている。

    食料品については、安全・安心の二分法が通用しないことがある(p.51)。文化に基づく場合だ。米やひじきに含まれる無機態ヒ素の発がん性は、先に述べた10万分の1というリスクレベルの100倍以上に達する(pp.55-61)。だからといって、我が国で米食をやめるような勧告は行えないし、行うべきでもない。諸外国が米の食用に規制をかけているのは、それが主食ではないために実害が小さいからである。(日本人の無機態ヒ素の摂取量は、線量換算で30mSv/年とのこと。)

    基準を超えたからといって、廃棄や停止などの措置を講ずることが妥当とは限らない。リスクトレードオフといい、9.11で飛行機を避けて自動車移動が選好された結果、翌年の交通事故死亡者数が例年より1500人増加したというのが一例である(p.179)。2012年5月、利根川支流の浄水場で基準値の2倍のホルムアルデヒドが検出され、一都四県の浄水場で取水停止の措置が取られた。結果、地域によっては給水所に2時間以上の行列ができたという。もし真夏に同様の事故が発生した場合、熱中症のリスクを取って取水停止措置を講ずべきか。その判断は容易ではない。

    なお、リスク管理には3つの原則があり、①ゼロリスクに基づく方法、②受容可能なリスクに基づく方法、③費用との兼ね合いで決める(たとえば、リスク低減に支払ってもよい金額から算出する)方法とがあり、③は実際に米国の飲料水の水質基準値に採用されているのだという(p.181)。

  • 基準はそれ以上考えなくなる要因的な話は納得。内容自体はもっとスッキリ書けたはず。なんだか長く、知りたいことを得るにはわからにくい。

  • 基準値は同じ分野でもいろんな基準がある
    基準値の根拠が科学的な安全性とは限らない
    基準値の根拠は主に安全性か受け入れられるリスクかコスト面から決められる
    基準値の根拠はなし崩し的に適当に決めている場合が存在する
    基準値を越えた越えないだけで一喜一憂するのは危険

    基準値を絶対視すると思考停止に陥る危険があるというのは確かにそうだと思った
    基準値の用途やその根拠まで気に掛けるよう注意していきたい
    といっても面倒なんだよな・・・

  • さまざまな安全に関する基準値の決まり方というのは、ある程度は科学的、論理的に決定される。ただ1つの基準値の成り立ちを分解し、なぜなぜ分析をしてみると、そのいろんな条件の中には非科学的、非論理的に決められたものがあり、これでは何のための基準値なのかわからないというものもあった。 基準値を疑ってかかるという姿勢を持つためにも一読してよかった。あとコラムがなかなか面白く、p201の人は当然知っている常識的なことでも明示しないと考えないというのは自分の経験上大きく頷くことができる事項だった。

  • 賞味期限、放射線量、電車内での携帯電話……私たちはさまざまな基準値に囲まれて、一喜一憂して暮らしている。だが、それらの数字の根拠は?

  • 数年前のバングラデシュ滞在時、現地の水にはヒ素が含まれているから気をつけるようにと言われたが、日本人がよく食べるヒジキには36000μg/kgの有害とされるヒ素がふくまれてるそうだ。カナダ、イギリスなどはこれを食べないように勧告しているけど、日本はその食生活に応じてこれを食べてもいいという理解をしている。
    つまり、基準値というのはいかようにも変えられるというお話。
    リスクの許容という考え方としてALARP(As Low As Reasonably Practicable:合理的に実行可能な限り低く)という言葉はよく耳にしていたが、ALARA(As Low As Reasonably Achievable)というのは初耳。調べてみるとどうやら原子力発電の世界で使われているようだ。

    いろいろな基準値が決められた背景について丁寧に解説されているが、なんとなく読みにくい。文体のせいなのか。
    各種の基準値について、「少しうがった見方が必要だよ」、という流れの解説であるが、一般人はそこまで突っ込んで調べたりしないからこの本を読んでいるのだよ。

  • 「基準値マニア」の著者が語る、基準値にまつわるあれやこれや。本書では、日本では飲酒できる年齢が20歳なのはなぜ?健康に害を及ぼす化学物質の基準値の決め方とは?…様々なトピックを科学的な知見と基準値の制定に関する経緯などに展開しながら説明していく。この手の本は、読んでみると同じことに繰り返しが多く、途中で飽きてしまうことが多かったが、本書に限っては一度読み出すと止まらない!文系・理系にかかわらず、特に大学1年生には読んで欲しい本。おすすめです。

  •  リスク評価とか、それをどう社会に導入するのか、とかについて、基準値を足がかりにいろんな具体例にそって解説した本。
     基準値の決め方(あるいはリスクの評価方法)というのは対象によって実にいろいろで、何か一つ決まったやり方というものがあるわけではない。一つの対象についても、立場によっていろんな評価の仕方が提案できるんだろう。そういう意味で、絶対的な真実を追求する科学とは違うものであり、わざわざ「レギュラトリーサイエンス」と名付けていわゆる科学とは区別したりする。人類の歴史においては比較的新しい分野なんだろう。特に、分析技術の進展によってそれまで測れなかったような微量成分の定量が可能になり、リスクの有無を分ける閾値が存在しないケースがあることが明らかになって、我々は「受容可能なリスクはどこまでなのか」を決めなければならなくなった(ここら辺の歴史についてもふれられている)。つまり、基準値は、リスクの有無を分けるものではなくて、そのリスクが受容可能な範囲にあるかどうかを分けるものとなったのである。
     このリスクに関する新しい考え方は、まだまだ一般にはなじみがない。それゆえに、基準値に関する誤解も広く見られる。しかしながら「受容可能なリスクがどこまでなのか」というのは科学では決められない、人々の合意として社会的に決めるよりほかに決め方が存在しない問題だ。ゆえに、リスクに関する正しい認識が人々に広く伝えられることは、どうしても必要なことなのだと思う。

     著者たちは基準値オタクなのだそうで、盛り上がるポイントがいまいちシロウトにはわかり難かったりした。あと、網羅的な話題が多く、俯瞰的な話がもっと読みたいとも思った。でも、それはまだまだこの分野がこなれていないためなのかもしれない。

  • 良書。面白い。
    なぜ、お酒は20才からと決まったのか。元は、明治まで遡り、根拠は曖昧。
    安全とは、受け入れられないリスクのないこと。
    根拠の曖昧なものも多いが、実績があれば、信じていいのではないか。一度決まるとなかなか変更にならないのも基準値の特徴だが。

  • 基準値の決め方が千差万別であることが理解できたが、それにしても人為的な値であることは間違いない.その数値だけがマスコミで飛び回ることに注意する必要があるのを痛感した.原発事故にからむ避難の基準の追加被曝線量20 mSv/年と除染の目標値1 mSv/年の開きを説明した部分(p177-178)は興味を持って読んだ.

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

むらかみ・みちお 東京大学生産技術研究所特任講師。1978年東京生まれ。2006年東京大学大学院修了。博士(工学)。専門は水環境工学・環境リスク学。著書に『水の日本地図―水が映す人と自然』(朝日新聞出版・共著)。

「2014年 『基準値のからくり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

基準値のからくり (ブルーバックス)のその他の作品

村上道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

基準値のからくり (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする