世界はなぜ月をめざすのか (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.95
  • (4)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062578783

作品紹介・あらすじ

アメリカのアポロ計画が終了してから40年余――その間、人類は月に行っていません。

人々のあいだにはいつしか「いまさら月になど行く必要はない」という認識さえ広まってきています。

しかし、それは月での優位を独占しようとするアメリカの広報戦略にはまっているにすぎません。

じつは世界ではいま、アメリカ、中国、ロシアなどを中心に、月の探査・開発をめぐって激しい競争が

水面下で始まっています。30~40年後には、月面基地が完成するともみられているのです。

世界はなぜ月をめざすのか? その答えが、本書にはあります。

日本人が「宇宙兄弟」のヒビトのように月面に立つには、どうすればよいのか?

その答えも、本書のなかに見つかります。

「かぐや2」計画の着陸地点検討会の主査など、月探査プロジェクト立案に参加している著者が、

「宇宙大航海時代」を迎えた私たちが知っておくべきこと、気づいておきたいことを、

まるで月面に立って聞いているように、具体的なイメージをもって語ります。

忘れかけていた月への夢が、本書を読めば手が届く現実に思えてきます。

初回限定版に施された、月面の凹凸が触ってわかる特殊加工も注目です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かなり興味深い内容でした。月の表面温度に始まり、知らない事だらけ。いつも何気なく見上げていた月が非常に面白い対象になった。そもそもの生誕も諸説あり謎とのこと。放射性物質がある事など科学を超えた様々な思惑の対象となるのだろう。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16331824

  • 2014年の本。月探査のこれまでとこれからを理解するうえで大切な事柄が分かりやすく書かれている本だと思います。

  • 世界はなぜ月をめざすのか?日本は何をめざせばよいのか?「かぐや2」計画に携わる著者が示す「宇宙大航海時代」の針路!

  • 資料ID:98140836
    請求記号:081||B||1878
    配置場所:工枚普通図書

  •  かぐやプロジェクトに参加した科学者が、月の科学的な紹介とともに、日本が月探査を継続する必要性を熱く語る。かぐやの成果の部分はちょっとお手盛り感を感じた。月の地質学的価値に重点。

  • 第2章の「今夜の月が違って見えるはなし」が良かった.盆のような月が衝効果によるものであるという件は特に面白かった.また、「かぐや」による数多くの成果もおぼろげには知っていたが、これだけ素晴らしいものだとは驚きだ.中国が着々と結果を出していることには、警戒が必要だろう.

  • 世間ではなかなか注目されていない月の研究についてJAXAの研究員でもある作者が現状や今後の展望を紹介している。月の探査衛星「かぐや」の実績紹介などは開発メンバーの作者が書くと手前味噌な感じもあるが普段のメディア報道ではしれないことが多くあり良本だと思う。ただ「詳細は後で」の部分が非常に多く内容の構成はもう少し考えてほしかった。

  • 世界が月を夢のフロンティアや資源の宝庫と思っている、というほどの感触はなくタイトルは煽りに近いが、月を開拓する意義や課題がわかりやすく書かれている。

    特に意義については、筆者の個人的見解も強いだろうが、月を目指すための協調作業が外交上の安全保障策になること、そして月と火星を開発できれば人口問題・資源問題が解決されて人類平和につながるという考えは新鮮だった。

    月について現時点で分かっていることが分かりやすくまとまっていて、それが内容の多くを占める。メジャーでないアイディアも含まれているようだが、主流でないこと自体をきちんと書いてる。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@538@S101@1
    Book ID : 80100469353

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002415200&CON_LNG=JPN&

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐伯和人

1967年(昭和42)愛媛県生まれ.理学博士.東京大学大学院理学系研究科鉱物学教室で博士取得.専門は惑星地質学,鉱物学,火山学.ブレイズ・パスカル大学(フランス),秋田大学を経て,現在,大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻准教授.JAXA月探査「かぐや」プロジェクトの地形地質カメラグループ共同研究員.月探査SELENE-2 計画着陸地点検討会の主査を務め,月探査計画SLIMにかかわるなど,複数の将来月探査プロジェクトの立案に参加している.

「2019年 『月はすごい 資源・開発・移住』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯和人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
米澤 穂信
宮部みゆき
池井戸 潤
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界はなぜ月をめざすのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×