ようこそ「多変量解析」クラブへ 何をどう計算するのか (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
2.87
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062578905

作品紹介・あらすじ

多変量解析はさまざまなデータを自在に分析できる強力な統計手法。統計ソフトを前に、どの統計手法を選べばいい? どのデータから分析すればいい? 結果はどのように解釈できる? と困ったことはありませんか。計算法がわかれば多変量解析はこわくありません。それぞれの統計手法で何が行われているのか?計算の過程を追いながら、本質が理解できる実戦的解説書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり難しい

  • 女子高生の会話の体で、カジュアルな雰囲気を出しているが、取りたてて上手い説明でもないし、結局良くわからなかった。具体例は豊富だが、それを根拠づける理屈を噛み砕いてくれずに、いきなり数式を解き始めるので、相当頭が良くないと理解できないと思う。解析の雰囲気や言葉に慣れる程度しか役立たなかったので、別のちゃんとした本が必要。

  • 最初に読んだ時にはまったく理解ができず、多変量解析ってこんなに難しかったっけ?登場人物の萌えキャラの女子高生たちは普通の成績なのに大学で習う多変量解析を造作もなく使っていたりしてえらい現実離れした設定だなという感想だったが、どなたかの書評を見て理解するのではなく雰囲気だけ分かれば良いという読み方に切り替えて見たら、確かに多変量解析の雰囲気はつかめた気がした。もっと他の本を読んだ後、この本に戻って見たいなと思う。

  • これ一冊では多変量解析ができるようにはならない(もちろん、そこまで期待していたわけではない)。
    感覚をつかむ、という当初の目的は達せられた。
    実際のデータを扱うには、実用書にあと数冊当たらないといけない。夏の間には利用できるようになりたい。

  • 多変量解析は多種多様なデータを自在に分析できる強力な統計手法。数学クラブのメンバーと「難関」多変量解析に挑む!本質が理解できる実戦的解説書。

  • なぜか女子高生がでてくるのでぎょっとする人が多いかもしれませんが、内容は確かです。
    主成分分析、因子分析、回帰分析、判別分析など、主要なデータ分析手法が直感的に理解できます。
    詳細な理論は別の専門書が必要ですが、とりあえず何をするのかが知りたければ本書が最適です。
    主成分分析、因子分析のデータ変換、回転はなるほどと思わされます。

  • 前書きにもあるが、多変量解析の入門を読む前に読む本とのこと。かなり、大味な書きぶり。しかし、多変量解析の醍醐味は伝わった。理屈は別途違う書物で勉強しようと思う。

  • 三角形がグラフの座標に置き換わる様に驚いた。

  • 請求記号 417/O 67/1890

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@417@O100@1
    Book ID : 80100010261

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002449061&CON_LNG=JPN&

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

国際通信チェス連盟インターナショナルマスター

「2019年 『13歳からの英語で自分の意見を伝える本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ようこそ「多変量解析」クラブへ 何をどう計算するのか (ブルーバックス)のその他の作品

小野田博一の作品

ようこそ「多変量解析」クラブへ 何をどう計算するのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする