門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)

著者 : 門田和雄
  • 講談社 (2015年10月21日発売)
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 50人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579384

作品紹介

本書は、3Dプリンタのしくみや用途、3Dプリンタの普及とともに盛り上がる「ものづくり」の現状などを解説し、「3Dプリンタで何を作れる?」「3Dプリンタは何の役に立つ?」といった素朴な疑問に答えるものです。
技術教育講座の准教授で、ものづくりのための市民工房「ファブラボ」のディレクターでもある著者ならではの視点で、海外における3Dプリンタへの取り組み方、3Dプリンタと学校教育の関係、3Dプリンタを中心とした近年の「ものづくり」ブームを冷静に俯瞰して紹介していきます。

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ○この本を一言で表すと?
     3Dプリンタの仕組みから作り方までを説明した本


    ○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
    ・クリス・アンダーソンの「MAKERS―21世紀の産業革命が始まる」で3Dプリンタが大きくページを割いて取り上げられていて、具体的にどのように利用されているのかを知ろうと考えて購入しましたが、思っていたよりも身近な個人レベルの内容が書かれていて驚きました。これはこれで、自分が実際に3Dプリンタに触る時のことがイメージできて面白かったです。

    ・3Dプリンタにはどのような種類があるか、3Dプリンタにできることとできないことの区別、個人向けの3Dプリンタを構成する部品についての説明が書かれていました。ネジの種類まで説明されていて、メートル規格とインチ規格では互換性がないことなど、とことん実際に3Dプリンタを触ることの入門として書かれていました。3Dプリンタにできないこと、得意でないことが明確に書かれていて、「MAKERS」に書かれていたような、中規模中量生産がアメリカで行われるようになるといった、産業の変革まではなかなか起きそうもないかなと思いました。(1部 3Dプリンタがわかる)

    ・どのようなデータを用意してどのような処理をするとどのような物ができあがるか、詳しく説明されていました。3Dのデータを用意した後に、フロントエンドソフトで読み込み、スライサーソフトでGコードに変換し、ファームウェアにGコードを送ってその通りに生産、という流れで、3種類のソフトでどのソフトを使うかでそれぞれ成果物が異なることなどが詳細に書かれていました。3Dデータを用意すれば後は自動で簡単にできるものとイメージしていましたが、そこまで簡単なものではないのだなと思いました。著者が活動に参加している、「MAKERS」でも触れられていたファブラボや、データを送れば物を作るところまで可能なデジタルファブリケーションについても説明されていました。(2部 3Dプリンタを使う)

    ・3Dプリンタを作る、という発想自体が自分になかったので、3部構成の最後にその部が設けられていること自体に驚きました。簡単な物ではないですが、個人向けの物は部品点数はそれほど多くなく、素人でも手を出せそうだと思いました。パーツを用意してくれ、組み立て方を教えてくれる実習もあるそうで、全く素養がなくてもこの分野に入っていくことはできそうだなと思いました。初等教育で物づくりに関わらせること、それに3Dプリンタを導入させることについて著者の展望が述べられていましたが、実現までの壁は大きそうだなと思いました。海外ではすでに着手しているところもあるらしく、この分野について今後さらに差が広がりそうだなと思いました。(3部 3Dプリンタを作る)


    ○つっこみどころ
    ・3Dプリンタの分解図等も掲載されていましたが、どう組み立てられて、どのように具体的に動くかの図がなかったので、動いている姿を想像することができませんでした。そこは実際にファブラボ等に参加して見ればよい、という話かもしれませんが。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784062579384

  • 3Dプリンタの原理や構造、利用法を一般向けにやさしく解説。3Dプリンタでもりあがる「ものづくり」の現状や今後の展望もひと通り理解できる。

  • 請求記号 548.25/Ka 14

  • 自分用キーワード
    積層造形技術 減算法/加算法 フードプリンタ 塑性加工 砥粒加工 光造形法 熱溶解積層法 PID制御 ファブラボ 

  • 話題の3Dプリンタに関する一冊。
    広く、浅く、限りある誌面で分かりやすく3Dプリンタに関して解説してあると感じました。
    最後の部分では、教育にまで言及されており、STEM(Science , Technology , Engineering , Math)教育の重要性についても書かれており、STEM教育と3Dプリンタの相性の良さのようなものを十分に推測することが可能でした。
    読了後は、地元のファブラボにも足を運んでみようかなと思うようになりました。
    付箋は16枚付きました。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@548@K102@1
    Book ID : 80100018815

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002488978&CON_LNG=JPN&

全7件中 1 - 7件を表示

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)のその他の作品

門田和雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)はこんな本です

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする