入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (6)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 133
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579896

作品紹介・あらすじ

本書は、Linuxを学ぼうとする人の多くが知りたいと思う「Linuxってどういうものなのだろか」を主なテーマに書かれたものです。
「進学や就職などの事情で、Linuxを使わねばならなくなった!」
「Raspberry PiでLinux系のOSを使い始め、コマンド操作に興味を持った!」
「WindowsやMacはある程度使えているから、今度はLinuxも使えるようになりたい!」
といった方々が、「Linuxらしい使い方」を心地よく理解できるように構成されています。
また、「Linux専門の厚めの入門書にチャレンジしようかと迷っている」といった方にとっては、気軽に読みやすい一冊です。

LinuxをLinuxらしく使うために、避けて通れないのがコマンドを使う操作です。コマンドを上手に使うことによって、多様で複雑・繊細な要求を、シンプル・柔軟にコンピュータに伝えることができます。本書では、実際に数々のコマンドを打ち込んで、その操作結果を確認しながら学習を進めていきます。コマンドは、シンプルなものから、ウェブカメラの画像を用いて動画を作成するといった少し複雑なものまで、単に暗記してもらうためではなく、Linuxの特徴を楽しみながら学べるものを選出。読み終える頃には、ご自身のLinuxへの理解が深まっていることを実感できます。

なお、本書に掲載しているコマンドは、Ubuntu 16.04 LTSとRaspbian(NOOBS v1.9.2とv1.9.3)で動作することを確認しています。またシェルはbashを前提としています。
できるだけ多くのLinux(やUnix)で動作するコマンドを掲載する方針で選定していますが、ここで紹介した以外の環境の場合、本書の内容と同じように動作しない可能性があります(掲載されている情報は2016年9月のものです)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトル通りの内容でとてもわかりやすかったです。
    Mac、Linux系OSを使い始めたばかりの方におすすめです。

  • テンポが早いが、すぐに役立つ。

  • ・最近10年以内に作られた中古パソコンを選ぶのが賢明、Ubuntu Linuxを入れる
    ・Ubuntu LTS で検索。本書ではバージョン16.04。ダウンロード。iso。DVDに書き込む。(あるいは、雑誌やムック)
    ・あるいは、Raspberry Piに、Raspbianを入れる。

  • 【由来】
    ・小川先生から布教活動の一環としていただいた。

    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • UNIXクローン自体ずいぶんと離れて久しいものだったもので、実に恥ずかしいかぎりです。
    阿呆の分際で、さらに、歳も相応で使っていないものだから
    コマンドなどすっかり忘れておりました。lsくらい?
    dosのサポート終了後次第、もうね、OS環境替えようと思います。
    も一回見直そうと購入しました。深い意味ないのですよ。
    Ubuntsね・・・がんばります。
    「橋渡し」的なものは2つ必要であると思って居ました。
    C言語とOS自体と
    プログラミング言語がそもそも初めて見る方多いだろうし。
    二つを抱き合わせした教育が必要なんだろうし。
    この辺りが難しいと思います。家を建てる材料から学ばなくてはいけない・・と言うか。

  • 図書館で借りた。結構高度なことしてます

  • ひたすらCUIで操作の説明ってどうよ

  • Linuxについての実践的知識の整理をしようと思い、読了。
    内容についてはほとんど知っている内容で、改めて得ることがあったというような読み方ではなかったが、空き時間に読み改めて知識を整理したりするのには良かったと思う。

    これからLinuxを学ぼうという人にはとりあえず手を動かしながら学ぶということが大事になると思います。
    本書は各章の終わりに問題があったり、コマンドやその実行結果が載っているので、まずは気軽にLinux!という人には本書はいい一冊だと思います。

  • 初心者向けにまとめた苦労が伺える内容。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年生まれ。岡山県立岡山一宮高等学校、東京大学工学部計数工学科卒業。北海道大学大学院理学研究科地球物理学専攻(修士)、京都大学大学院農学研究科森林科学専攻(博士)修了。モンタナ大学客員研究員を経て、現在、筑波大学生命環境系准教授。専門は人工衛星を用いた地球環境観測と、農学系大学生の数学・物理学基礎教育。著書に『入門者のLinux』(講談社ブルーバックス)がある。本書のもととなった授業は、2014年度筑波大学全学学類・専門学群代表者会議で「オススメ授業」に選出され、2017年度筑波大学学園祭(雙峰祭)では「つくばイチ受けたい授業」として招聘された。

「2019年 『ライブ講義 大学1年生のための数学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)のその他の作品

奈佐原顕郎の作品

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする