チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062579933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブクログさんからの頂き物。酪農科学、畜産科学の第一人者の手による、チーズが科学的にどのような原理で作られるのかなおを分かりやすく解説した本。アミノ酸やペプチド、カゼインが作り出す不思議な世界、私のような文系人間でも大筋をつかめるよう平易な解説で、知らなかったことが盛りだくさん。色々なチーズを食べたくなりました。

著者プロフィール

東北大学大学院農学研究科教授。農学博士。
専門はミルク科学、畜産食品科学、応用微生物学。

1952年東京生まれ。
東北大学農学部卒業、同大学院農学研究科修了。
東北福祉大学講師、東北大学農学部助教授を経て現職。
共著書に『新説 チーズ科学』(食品資材研究会)など。

「2016年 『チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)のその他の作品

齋藤忠夫の作品

ツイートする