身体の零度 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (13)
  • (10)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 189
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062580311

作品紹介・あらすじ

をつくりだす源に、何があるのだろうか。泣きかた、笑いかた、行進、舞踏など人間の表情や動作に立ちむかい、身体へのまなざしの変容こそが、近代の起点であることを検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  高校の教科書にも乗せられたかもしれない。この国の近代社会の成立を「身体」という視点から解きほぐそうとした、ポストモダンが流行っていたそのころ、もう一度近代を見直そうという画期的な仕事だと、印象深く覚えている。ここから、三浦のダンス、舞踏への執着が始まるのかな?

  • 何度読んでも分からないけど面白い。

  • 前半の方が面白かった。

  • 8/10
    自他の境界と身体の関係について。

  • 妄想も、そのなかに住んでしまえば日常にすぎない。
    日常も、そこから出てしまえば妄想にすぎない。

  •  人間の身体とはなんであろうか。それは近代においては、とりもなおさず、「裸で何も塗らず、形を変えず、飾らない人間の身体」を意味する。これを著者は身体の零度という。しかしながら、このような身体は「きわめて後世の一般的ではない文化的成果」の結晶なのである。
     なぜか。初期の人間は身体を素材とし改良することこそが自然であったからである。つまり、現在自然と思われてることこそ不自然であったのである。
     <追記>身体の零度の増幅装置としてレオタードが最も最適な装いであったため、バレエ・ダンスの領域において爆発的に広がったのである。

  • 身体の変容から近代化を語る。

    特に興味深かったのは「表情」の章。
    泣きや笑いというのはそもそも社会から求められているものであり、個人のものではなかったという話。パールバックの「大地」からの引用も面白かった。

  •  2009.10.10-11.

  • 近代化を「身体」を軸に。

    農耕的か遊牧的かで舞踏が違う話が面白かった。
    全体としては、どこかで聞いた事のあるものが多かったが
    (ナンバとか、軍隊とか工場とか体育とか)
    その流れをまとまったものとして読めたのは良かった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

評論家・編集者

「2020年 『高階秀爾、語る 方法としての日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦雅士の作品

身体の零度 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×