最澄と空海 日本仏教思想の誕生 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062581455

作品紹介・あらすじ

804年。遣唐使船で、ともに超大国唐を目指した二学僧。運命は二人を、協力者からライバルへと変える。天台の「正統」理論を学び、日本仏教千年の礎を築いた最澄。勃興する「新思想」密教を学び、独創的な世界構造論を樹立した空海。二巨人が思索を重ねた「一念三千の哲学」「マンダラ理論」等を読み解き、「日本仏教」誕生の瞬間に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インド仏教と日本仏教の違いについて、その出発点を最澄と空海、自然をそのまま聖なるものととらえる土着の思想に求め、彼らの思想の特徴を論じている。空海に関する書物に触れる機会は多いが、最澄の思想について詳しく論じているものにははじめて触れたので新鮮だった。

  • 二人とも中国に留学して密教勉強したんだっけな、くらいで読んでたら思ったよりも仏教教理に突っ込んでたところも多くて、正直に言えばかなり読みづらかった。

    また、問題の立て方も分類そして対立項の整理というのを繰り返しておりかなり地味です。

    しかしながら、そうして抽出した日本仏教における初期のエートスは非常に魅力的である。以下に引用する。

    ”このような現代の精神状況は、しかし、われわれが「聖なるもの」を完全にあきらめねばならない、と告げているわけではない。世界を想像し、世界を超えた神の存在の弁証が困難となったとしても、そのようなかたちの神ではない「聖なるもの」の弁証は可能と思われる。仏教の伝統、とくに密教の伝統は「世界の聖化」の可能性を示すことによって、「聖なるもの」を弁償し続けてきた。”

    ここにあっては視点は宗教学の範疇からさらに遠くに届くまでになっているわけで、その点で著者に敬意を表したい。

  •  鎌倉仏教に多大な影響を与えた最澄(伝教大師)と空海(弘法大師)。同時代を生き、共に唐の国で学んだ二人は、仏教界に革命を起こす。空海はともかく、最澄がこれほど密教の影響を受けていた事実を私は知らなかった。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090109/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090109/p1</a>

全4件中 1 - 4件を表示

最澄と空海 日本仏教思想の誕生 (講談社選書メチエ)のその他の作品

立川武蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
松長 有慶
有効な右矢印 無効な右矢印

最澄と空海 日本仏教思想の誕生 (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする