中国人郵便配達問題=コンピュータサイエンス最大の難関 (講談社選書メチエ)

著者 : 西野哲朗
  • 講談社 (1999年1月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062581486

作品紹介・あらすじ

身の回りに潜む、コンピュータもお手上げの超難問の数々。なぜ、中国人郵便配達問題など「NP完全問題」を解くのに、何千年という計算時間が必要なのか?なぜ、言語理解など、簡単なことがうまくできないのか?「ニューロイダルネット」「量子コンピュータ」が切り開くコンピュータの新地平。より柔軟で、より速い「夢のマシン」の実現にむけ、格闘を続ける計算機科学の最前線。

中国人郵便配達問題=コンピュータサイエンス最大の難関 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この頃まだ脳味噌まともだったらしく
    科学哲学に興味を持っていたみたいです。流れで計算機科学
    や情報科学に手を出しまして。
    今思うのですが、こげなこと知らんでも生きていけるよな。
    そう虚しう思う次第です。

  • P=NP問題の入門のために読んでみましたが、非常に分かりやすくてためになる本でした。
    厳密に数学的な議論をしたい方には物足りないかもしれませんが、最初の一冊としては最適でしょう。

全2件中 1 - 2件を表示

西野哲朗の作品

中国人郵便配達問題=コンピュータサイエンス最大の難関 (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする